コラム

 公開日: 2016-03-05 

お金が主役の時代に想う ─中沢新一・トランプ・ユダヤ原理─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



世の中がなぜ、こうまでもすべてをお金に換算するようになったか?
 住処を調える家事や子育てまでも金銭的な尺度で〈価値〉を計られるなど異様ではないか?
 また、医療や教育までも〈商売〉にしてしまうのは危険ではないか?

 すべてを単一の価値観で数値化するという無理は、家事や子育てそのものの本質や尊さを忘れさせつつある。
 すべてを儲けなければ存続できない世界へ堕とした無理は、医療現場の混乱や教育現場の商業化を招き、医師も教師も本来の〈師〉たり得なくなっている。
 当山でお茶のみ話をされるお年寄りは、ロボットに介護されるくらいなら早く死んだ方がいいと考えておられる方が少なくない。
 人間にとっての本当の〈価値〉が、お金とモノが持つ〈数値〉とあまりにも乖離しつつある。

 思想家中沢新一氏は東日本大震災と原発事故を憂い、平成25年「グリーンアクティブ」を創設した。
 趣旨である。

「現代世界におこっているさまざまな困難な問題の根源に、私たちはグローバル化した経済を見出す。
 自然環境の破壊や人間社会の解体の奥で、あらゆるものを根こぎにし、商品化していく経済の暴走を見出すことができる。
 グリーンアクティブは目覚めつつある『緑の意識』によって、このような破壊の運動に対抗していこうとしている。
 グリーンアクティブは新しい富のかたち、 新しい豊かさの感覚、新しい人間的絆のありかたを、つくりだそうと思う。」
 
 昭和63年、氏は心理療法家河合隼雄氏と対談し「ブッダの夢」を上梓した。
 そこでこの問題に関する重大な発言を行っている。

「反共産主義の陣営に立っているロシア民族派の人たちは、ものすごく強硬な反ユダヤ主義なんですね。
 彼らが言っているのは、要するに社会主義革命というのはユダヤ人だと。」

「実際、レーニン博物館に行くと、初期のボリシェヴィキ全員で撮った大きな写真があるんですが、九十パーセントがユダヤ人なんですね。」

「スラブ民族派に言わせると、ロシアをこんなふうにしてしまったいちばんの原因は、農村を破壊してコルホーズにしたことなんですね。
 農民というのは土地に帰属して生産を行う人間だから、魂の世界というのがあった。
 それをアパートに住まわせて、教会を破壊して、そこを農場にしてしまった。
 これを推し進めている原理というのは、人間の魂は土地に帰属するということを否定する原理であり、それはユダヤ原理だと言うわけです。
 彼らこそ土地を持たない民族であって、彼らにとって重要なのはお金と知識だったわけでしょう。
 そういうユダヤ原理というものがこの地球を席巻していくのであって、ロシア革命の時に起こったこともそういうことなんだと言うわけです。」

 無論、すべてをユダヤ人のせいにするのは無理であり、偏見は厳に慎まねばならないが、氏の指摘する「お金と知識」が世界の物質文明を驚異的なスピードで発展させ、人間一人一人に自由の意識を育て、一人一人が自由意志で動ける範囲を拡大して来たことは否めない。
 私たちはある意味で解放されたが、同時に〈魂の根〉を失いつつあるようにも思える。
 その根は、農業・林業・漁業など第一次産業の世界には確かにあった。
 田畑や山や船を所有する家や地域の人びとが、伝えられ磨かれたそれぞれの知恵や、惜しまぬ汗によって生業を守り伝える時代には。
 しかし、今は時代の主役が代わった。
 そして、失いつつある重大なものが輪郭を顕わにしつつある。

 ところで、アメリカの大統領選挙にトランプ旋風が吹き荒れている。
 トランプ氏の娘も孫もユダヤ教徒であり、氏はそのことを「光栄」と語り、約束している。
「我々は100%、イスラエルのために戦う。
 1000%戦う。
 永遠に戦う」

 さて、私たちの世界、私たちの思考はどうなっているか?
 世界はどうなって行くのか?
 前述の「ブッダの夢」で、中沢氏はユダヤ原理をこう言う。

「帰属するものを引き離して流浪する民に変え──これは自由ということかも知れませんが──、その流浪するものを貨幣や知識に切り替えていくという原理」

 河合隼雄氏の締めくくりは恐ろしい。

「切れてしまったものをもう一度土地につなごうと思ったら、そのあいだのメッセージというのは、もう夢しかない……。」

 そうだろうか?
 まだ切れきっていなのではなかろうか?
 私たちはまだ、〝おかしい〟と思い、不安になり、何ものかに頭を占領されつつあることに気づくことができる。
 よく考えてみたい。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ