コラム

 公開日: 2016-03-21 

【現代の偉人伝】第222話 ─仏像の制作・修復に励む柳本伊左雄教授─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。


〈陸前高田市の悲母観音〉



 身延山大学に仏像の制作と修復を行う学部がある。
 柳本伊左雄教授(65才)率いる仏教学部は、東洋文化研究所仏像制作修復室を設け、学生が仏像に取り組んでいる。
 各地の芸術大学以外では、おそらく日本で唯一のグループだろう。

 柳本教授にお会いした。
 今の日本では、仏師という職業が絶滅しかかっていると言う。
 中国などで安価なものが造られ、仕事として成り立たなくなったのだ。
 そうした現状に危機感を抱いた教授は、仏像制作で生きて行ける若者を育てようと、身延山大学に実践する講座を設け、実地指導に当たっている。

 ラオス世界遺産仏像修復事業は、そうした一環として18年の長きにわたって続けられてきた。
 平成25年2月に、世界遺産地区ヴィスンナラート寺院で行われた15周年大法要では、当地の情報文化観光省の工芸局長や日本国全権大使など100名を超える参加者が集まった。
 その様子が東洋文化研究所仏像制作修復室発行の「のみおと 工房便り第二号」に書かれている。

「現在のラオス人民民主共和国はフランス植民地時代、ベトナム戦争、独立戦争と長きにわたっての苦難の時代を経て、1975年に建国されました。
 その歴史のなかで仏像制作・修復の伝統的技法は残念ながら途絶えてしまっている現状です。
 本学の行っている仏像修復事業は伝統技法と文化の再興を目指し15年間事業を実施して参りました。
 修復の習慣が無い(失われた)、技術者がいない、場所が無い、物が無い、全てが揃わぬ中でも少しずつ着実に行ってきた結果、ラオス人技術者7名が育ち始め、修復事業は40体を超えております(1014年3月時点)。
 更にはここ2年間ではラオス政府や民間からの仏像修復依頼が増えてきており、修復の輪が少しずつ広がりを見せています。」

 ところで、戦争で破壊された仏像が日本人の協力で徐々に修復され、仏教が国教として国民の確かな柱となっているラオスは今、中国の脅威にさらされている。
 人口約600万人のラオスに100万人の中国人を送り込む計画が着々と進み、すでに首都ビエンチャンなどには中国の企業が活動し、中国人が建物を造り、住み、中国料理を食べ、中国人の間で中国マネーが回る地域もできている。
 この状態を放置できないアメリカが介入し、やがて両国の野望によって何らかの形で代理戦争が始まる可能性は否定できない。
 しかし、柳本教授はそれでもなお、「今ではもう文献のない、失われつつある技法」で450年も前に制作された仏像の修復などに今後も取り組んで行こうとしている。

 柳本教授のチームは平成27年3月11日、岩手県陸前高田市の妙恩寺へ悲母観音を安置した。
 堂宇を造ったのは、当山の講堂を手がけた寺院サービス(株)である。
 殉難者の御霊を慰霊し、地域を守る観音様はどっしりとして、お優しくも頼もしい。
 優しさの極みが〈守護〉にあることを教えている。
 柳本教授は言う。
「今後もラオスでの活動を続けたい。
 学生たちがそれぞれ、仏像にたずさわりながら生きて行けるような道筋をつくり、日本で消滅しかけている技術と文化を継承して行きたい。」

 うち合わせのために当山を訪れた教授は、自らユニック車のハンドルを握り、お弟子さんたちが乗る乗用車を先導して山梨県へ向かわれた。
 これからも、ますますよい仕事をされるよう、お弟子さんたちが無事、巣立って行くよう祈ってやまない。
 
 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃまりぼり そわか」
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ