コラム

 公開日: 2016-03-24 

イラク戦争と靖国神社への祈り(その24) ─四摂法(シショウホウ)を語り合う─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。


〈平和な日本のドーム〉

 平成16年1月、自衛隊のイラク派兵に鑑み、仏神と祖霊のご加護で自衛隊員の無事帰還をはかるべく、靖国神社へ向かって托鉢行を始めた。
 世界の情勢が急変を見せ始めた今、そのおりの記録を加筆訂正しながら再掲しておきたい。
 不戦日本の願いを込めて。

 公開講座での講演など、帰山しての法務が続いている。

○ 四摂法(シショウホウ)の実践(平成16年3月3日)

 NHKの講座で四摂法(ししょうほう)の話をした。
 四摂法とは、人間の集団がまとまって活き活きとはたらくための留意点であり、それはそのまま社会人としての基礎的修行となる。
「一つに『愛語(アイゴ)』があります。
 相手の心に響く愛のある言葉と言っても、必ずしも優しい言葉だけとは限りません。
 相手のためになろうとして、きつい言葉を使ったり、激しいもの言いをせねばならない場合もあります。
 あえて悪者(ワルモノ)になることだってありますね」

 こう申し上げたら、受講者から即座に「内部告発もそうですね」と返ってきた。
 内部告発には権力闘争や人間関係のもつれなどの要素がからむ場合もあろうが、純粋な正義感でそれを行う人の心には、逼迫感・緊張感・勇気など、想像を絶するものがあることだろう。
 決断し発せられた言葉もまた、何かを守るための愛語に相違ない。

「誰とでも平等に接する『同事(ドウジ)』とは、他人を自分と思う心がなければ実践できません」

 今度は、「他人のものと自分のものをごっちゃにするのはどんなものでしょうか」と突っこまれた。

 隠形流(オンギョウリュウ)居合で唱える『七言法(シチゲンホウ)』の三番目は「自他のものの区別をすること」であり、自分を厳しく鍛える修行として欠かせない。
 一見『同事』と相反するように見える。しかし、あくまでも我がものと他人様のものとを区別できる心の定まった人であればこそ、四摂法の実践が可能になる。
 それぞれの〈分〉を見極め、大切にしつつも、そこにとらわれず、自他を同一に観る目を持つところに同事の意義と価値がある。 
 たとえるならば、自他のものの〈区別〉は土台であり、〈同事〉は家である。
 土台のない家を建てれば、見かけは立派でも、やがては崩壊する運命を逃れられない。
 
 人生相談では、ご来山された方のお心へ限りなく近づくように心がける。
 持ち出されるお話は、決して〈他人ごと〉ではない。
 対話する2人は、いわば〈同位〉にある。
 しかし、状況を把握し、問題点を見つけ、最善の解決法を考えるためには、相手の心へどっぷりと入り込んではならない。
 去り行く方の魂と感応しつつ引導(インドウ)を渡すご葬儀の場面と同じである。

 日常生活における同事の実践には、区別との緊張を超えて行われる場面があろう。
 まさしく〈行〉なのである。

「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ