コラム

 公開日: 2016-03-25 

Q&A(その19)逝った妻に会えるか? ─あの世のあるなし─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 以下、人生相談に来られた方々に成り代わって書きました。

 僕の妻はときおり、薬を大量に飲む。
 彼女の何がそうさせるのか、僕の何がそうさせるのか、しかとはつかめないが、見つければ止める。
 そして言い聞かせる。

「死ねば何もなくなくなってしまうんだよ。
 君との恋も、ここまで育てた子供との思い出も、君にとっての僕も、いなくなってしまうんだよ。」

 でも、妻は、発作を起こすように突然、実行しては周囲を慌てさせ、ある日とうとう限度を超えた。
 死んでしまったのだ。

 いなくなってみると、気づく。
 妻へ「死ねば何もなくなってしまう」と言い聞かせながら、僕もいつしか、そう思うようになっていた。
 妻がいなくなることを想像すると、文字通り、何もなくなってしまうような恐怖感に襲われ、そうなって欲しくないという気持がああいうふうに言わせていた。
 同時に、言いつつ、〝そうに違いない〟という信念がつくられていたのだ。
 僕自身が、あの世のあるなしをよく考えたわけではない。
 奇妙なことに、恐怖は信念となっていた。

 しかし、実際に妻がいなくなり、恐怖が現実のものとなった今、今度は、何もなくなってしまうことがどうしても信じられなくなった。
 いつも、どこかにいるはずの妻を探している。
 咲いた梅や、子供の声や、カレーライスの匂いなど、何もかもが、もどかしい思いをかき立てる。
 ──どこにいるんだ……。

 酒を飲み、独りで泣き、せめて夢に出て欲しいと願いつつ床に就くが、一度も会えない。
 かつて、妻へ言い聞かせ、自分の信念となっていた思いは完全に裏返った。
 死んでも決していなくならない。
 そのことはわかっているのに、どこにいるかがわからないだけだ。
 あの世はどこにあるのだ?

 僕はある僧侶へ会いに行った。
 単刀直入に訊ねた。

「死ねば何もかもがなくなるんでしょうか?
 死んだ人は無になるんでしょうか?」

 僧侶は妻を供養してから、こんな体験談を語った。

「昔、娑婆で世話になり、かつ、迷惑をかけたまま、お礼もお詫びも言う機会のないままに、あの世へ逝ってしまった人へ懺悔し続けていました。
 懺悔は海へ水滴を落とすような感覚で、まったく、つかみどころのないものでした。
 10年ほど経ったある日、祈りつつ山道を歩いていたところ、ふと上げた視線の先にその人の後姿がありました。
 ゴルフ帽、いかり肩、上体を揺らさずに進める一歩一歩、まごうかたなく、その人でした。
 言葉にならない言葉で喉の奥が詰まり、呼吸が止まって涙が溢れました。
 メガネを外し、涙を拭いた時、もう、無人の山道が静かに延びているだけでした。
 今もその人を供養していますが、あの時以来、いつでもその人は背中で供養を受けてくださいます。
 あまりにもはっきりと……。」

 それっきり僧侶は黙った。
 僕も黙っていた。

「妻へ謝り続けます。」

 これだけ言って、辞した。
 手には僧侶が書いた『供養について』という小冊子を手にしている。
 僕も懺悔と供養を続けたいと思う。
 いつか、きっと、疑問への回答に出会えることだろう。

「おん さん ざん ざん さく そわか」

 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。合掌

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ