コラム

 公開日: 2016-03-27 

空(クウ)と救い ―『チベットの生と死の書』を読む(14)―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 全てが空(クウ)なら人生は空(ムナ)しいか?
 そうではない。 
 ソギャル・リンポチェ師は『チベットの生と死の書』に、そこのところを説く。
 前回に続いて「空と希望」を考えてみよう。

 私たちは一本の桜の樹を見て、〝あっ、桜が咲いた〟と気づく。
 桜の花々は、いのちを輝かせながら、そこに在る。

 しかし、その全体をじっと眺めているうちに一陣の風が吹けば、 花びらのいくつかは引きちぎられ、舞い落ちる。
 雨が降れば花びらのいくつかは地へ落ちるが、残ったものたちはいっそう輝き、濡れた枝も幹も嬉しそうに艶々する。
 地中へ染み込む水が根から吸い上げられ、巨大な幹や複雑に伸びた枝を通って末端の花びらたちへ潤いをもたらすさまも想像される。
 黒い雲間から再び太陽が顔を出し、世界に明るさが戻り、陽光が頬に温かく当たれば、その光と熱によって私たちを生かすのと同じく、桜をも生かしていると実感できる。

 その樹は、自分が子供の頃、こんなに大きくはなかったことを思い出すかも知れない。
 地震にも津波にも火事にも害虫にもやられず、人間に伐られもせず、今に至っていることにも思い至る。
 自分自身、枝を折らず、もちろんノコギリを当てもしなかったから樹はここに立っているのであり、自分が害を与えなかったこともまた、花びらの一枚一枚に関係しているのだ……。

 宇宙のあらゆるものが一本の樹を存在させている。
 あらゆるものとの関わりの中で桜は咲き、あらゆるものとの関わりの中で今、自分は桜を眺めていられる。
 桜も自分も空(クウ)である。

「現代科学も広大な相互依存について語っている。
 生態学者(エコロジスト)たちは、アマゾンの熱帯雨林で燃える一本の木が、パリの一市民が呼吸する空気を変化させることを知っている。
 メキシコのユカタン半島の蝶の一羽の震えが、スコットランドのヘブリディース諸島のシダに影響を与えることを知っている。
 生物学者たちは、性格と個性を形づくる遺伝子のめくるめく複雑なダンスの秘密を明かしつつある。
 はるかな過去へと広がって、『個性』と呼ばれるものがさまざまに異なる影響からなるひとつの渦であることを示すダンス。
 そのダンスの秘密を彼らは明かしつつある。
 物理学者たちはわたしたちを量子の世界に招き入れた。
 その世界はブッダが思い描いた、宇宙に広がるきらめく網のイメージに驚くほどよく似ている。
 その網の宝石のように、すべての量子は他の量子とさまざまに結合しうる可能性をもって存在しているのだ。」

 お大師様は、この〈網〉について説く「華厳経」を、密教の世界へあと一歩のところにあると高く評価した。
 密教のマンダラは〈網〉の具象化であり、マンダラと一体化する具体的な方法を実践するところに究極の即身成仏(ソクシンジョウブツ)がある。
 
 ソギャル・リンポチェ師は世界の真の姿を説いた。
 
「観想を通して、わたしたちを含むすべてのものの、その空(クウ)と相互依存を真に見たとき、世界はより鮮やかな、より新鮮な、より明るい輝きのうちに、ブッダの言った宝石の網の無限の反射のうちに、その真の姿を現す。」

 聖者ミラレパは端的に説いた。

「空(クウ)を見て、慈悲を持つ」

 チャンドゥ・トゥルク・リンポチェは言った。

「つねに生は夢のようなものだと認識し、愛着と嫌悪を減じてゆきなさい。
 あまねくすべてのものを思いやりなさい。
 慈しみ、あわれみなさい。
 人があなたに何をしようとも、あなたがそれを夢と見れば、人のすることなど何でもない。
 要は、その夢のあいだじゅう肯定的な意思を持ちつづけること。
 これが肝心な点。
 これが真の精神性だ。」

 ダライ・ラマ法王の指摘である。

「今日の高度に相互依存しあった世界にあっては、個人と国家はもはや自分の問題を自分だけで解決することができなくなっている。
 お互いにお互いを必要とするようになっている。
 そのため、わたしたちは世界的な責任感をつちかってゆかなければならない。
 ……地球家族を養い、守ってゆくこと、弱者を支えること、そしてわたしたちが住むこの環境を保護し回復させること、これらはすべてわたしたちの集合的責任であり、個人的責任なのである。」

 私たちは法王の説かれる「責任」を果たすことにより、個人的な善業(ゼンゴウ)を積み、自他を幸福へと向かわせられる。
 責任を果たさなければ、個人的な悪業(アクゴウ)を積み、自他を不幸へと向かわせてしまう。
 個人的な業(ゴウ)の積み重なりが共業(グウゴウ)であり、戦争も、飢餓も、搾取も、過酷な格差も、悪しき共業(グウゴウ)の現れである。
 すべてがつながっている空(クウ)であればこそ、地球上の全員に「責任」がある。
 個人的であれ、世界的であれ、幸福と不幸は、私たち一人一人が空(クウ)を観て「責任」を果たすかどうかにかかっている。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ