コラム

 公開日: 2016-03-30 

政治不信の先に待つものは? ─お互いを尊び合おう─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 当山は宮城県黒川郡大和町の宮床という田舎にある。
 近くではクマが出没して子供たちを脅かし、イノシシに畑がやられたりする。
 3月27日、町議会議員選挙の投票があった。
 投票率は53・53パーセント。
 4年前の59・08パーセント、8年前の65・24パーセントと比べると、まさに〈つるべ落とし〉である。

 ある候補者は、選挙中に述懐した。
「こんな選挙は経験がない。
 なにしろ、畑仕事をしている人のすぐそばを通っても、まったく知らん顔の人が結構いるし、町場でも反応が少ない。
 世の中がすっかり変わった。
 恐ろしい気がする」

 事実、ほとんどの現役当選者は、前回の選挙よりも獲得票数を減らした。
 大和町は大企業の進出がめざましく、人口も増えている勢いのある地域なのに、候補者が肌で感じたとおり、政治への関心は薄れる一方である。

 法学博士樋口陽一氏の言葉を思い出す。

「競争の末に勝ち組に振り落とされた弱い者も幸福追求ができるよう、社会権というものを深める方向でこれまで考えてはきたけれど、新自由主義的な憲法観が全面化されれば、崩れてしまう。
 そんな状況下では、個人は個人であることのつらさや寂しさに耐えられない。
 そこで起こるのは、集団の温かみに救いを求めるということですね」

 ここで指摘されている状況は深刻だ。
 簡単に使い捨てられる労働者は、生きて行く糧を得るという生活の基盤が常に脅かされ、不安を持っている。
 また、子供が遠くへ巣立ち、夫婦は離婚が珍しくない現在、家庭や家族は心の止まり木としての役割を薄めつつある。
 近年、〈個の自立〉を求めて来た歴史は、無慈悲な新自由主義と、自由を第一とする生活形態の激変により、〈個の不安定〉や〈個の孤独〉を深め、耐えられないほどの「つらさや寂しさ」をもたらしつつある。
 しかも、共同体としての社会を動かす人々に、その大役にふさわしい人品や素養や識見を感じられないなら、私たちはどうなるのだろう。
 北海道を司る大臣が北方四島の名前を読めなかったり、次の参議院議員選挙で圧倒的な票数をかき集めると目されていた人物が血眼になって不倫に精力を傾けていたなど、政界に棲む人物たちの低レベルぶりに国民はあきれ果てている。

 選挙での投票が役に立たないならば、私たちは、私たちの手で社会を創り、保つことができない。
 権力者はますます権力を強め、資本家はますます富を蓄えるだろう。
 人間は〈より多く〉と求める存在であり、権力者はより権力をふるいたく、資本家は富をより膨らませたく、その歯止めがどこにもなくなるからである。
 そして無力な個人は、何か「集団の温かみ」を求めずにはいられない……。

 そこへ〈美しい国家〉や〈信じれば救われる宗教〉といった〈疑似家族〉が提供されたなら、私たちは健全に〈個〉を保てるだろうか?
 尊厳ある者として互いに互いを真に尊び合うまっとうな個人であり続けられるだろうか?
 アメリカではトランプ氏が強い国家と正しい宗教を掲げ、躍進しているが、その一方では深刻な対立や憎悪や亀裂を招いている。
 自分の国や自分の信じる宗教を絶対化し、他国や自分の信じない宗教を尊ばない指導者の姿は、恐ろしいことに国民の熱狂的同調を生みつつある。

 これは決して対岸の火事ではない。
 確かに今は「個人であることのつらさや寂しさ」に耐え難い時代である。
 社会と私たちの心に〈無慈悲〉という化けものが育ち、絶望という闇が膨らみつつある。
 作家辺見庸氏は書いた。

「現状は全く絶望的ではありますが、絶望と希望の境をどこに見つけるか。
 簡単なようで、これは簡単ではない。」

 戦争体験者のAさんは言う。

「私は一票を入れるためだけに生きています。」

 一宗教者として思う。
 自分の心にある〈無慈悲〉を直視し、社会の〈無慈悲〉を見逃さず、慈悲と智慧で消すための長い努力を続けよう。
 誰かから与えられた国家像や、食虫植物のような閉じた宗教に引き込まれず、互いを尊び合う社会と人間を目ざそう。
 
 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ