コラム

 公開日: 2016-04-15 

花曇り捨てて悔なき古戀や ─桜に想う─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 芥川龍之介が詠んだ桜の俳句である。

「花曇り捨てて悔なき古戀や」

 芥川龍之介は「偶感」としてこの句を詠んだ。
 ほぼ『羅生門』の頃である。
 花曇りは薄ら寒さともあいまって心を重くする。
 そんな日に思い出す終わった恋は、活き活きとしていない。
 けだるさの中で〝もういい〟と思える。

 花曇りの頃、終わりかけた水芭蕉を観に行った。
 人気もない夕刻、小生と入れ替わりに、薄いカーディガンにジーンズ姿の地味な女性が駐めた車から伏し目がちに降りて、「こんにちわ」と消え入りそうな挨拶をしつつ森へ向かった。
 青い軽自動車は、たった一人の主人を降ろし、ポツネンとそこにいた。
 彼女は何かの〈悔い〉を置きに来たように思え、振り返ったらもう、暗さを増しつつある路しか見えなかった。
 
「熱を病んで櫻明りに震へゐる」

 芥川龍之介は「病中」としてこの句を詠んだ。
 ほぼ『地獄變』の頃である。
 桜明かりとは、桜の白さが夜の闇に浮かび上がっている様子である。
 普段、人は夜に眠る。
 しかし、病気によって悪寒(オカン)が走ると、夜中でも目が覚めてしまう。
 そんな時、昼の爛漫たる勢いとは別に、観る人とてない夜でも存在を主張している桜の白さが目に入り、〈夜の活動〉を感じる。

 芥川は『地獄變』の中で横川(ヨガワ)の僧都にこう語らせている。

「如何(イカ)に一藝一能に秀でやうとも、人として五常(ゴジョウ)を辨へねば、地獄に墮ちる外はない」

 五常とは、儒教が説く人間の道である。
 焼き殺される娘を目にしながらなおも画を描き続けた男にある業(ゴウ)を我が身にも感じていたのではなかったか?
 震えは、身体に起こり、心にも起こっていたのではなかったか?
 
「夜櫻や新内待てば散りかゝる」

 芥川龍之介は「即興」としてこの句を詠んだ。
 ここで言う新内とは新内節の師匠を指す。
 同時期の作品である。

「遠火事の覺束(オボツカ)なさや花曇り」

 この覚束(オボツカ)なさが塚本文との結婚につながるが、作家の業(ゴウ)は続く。

「新婚当時の癖に生活より芸術の方がどの位つよく僕をグラスプするかわからない。」

 グラスプとは、ぐっと掴み離さないことである。
 新婚なのに、夫婦で暮らす喜びが生きる柱とならず、創作活動が自分を惹き付けてやまない状態に苦しみ始める。
 芥川は、長男の出生にすらとまどう。 

「何の為にこいつも生れてきたのだろう?
 この娑婆苦の充ち満ちた世界へ。」

 芥川には創作しかない。
 人間が題材なのに、人間との暮らしはいつも、不如意(フニョイ)を生む。
 人間と暮らす人生はあまりにも困難に満ちている。

「人生は地獄よりも地獄的である」

「誰か僕の眠っているうちにそっと絞め殺してくれるものはないか?」

 やがて芥川は自殺する。
 小生も彼の苦しみは理解できる。
 自分の役割に生き、死ぬしかない。
 それ以外、罪滅ぼしのしようがないのだ。
 他のことごとは「ごめんなさい」と言うしかない。
 しかし、何らの才能を持たない小生の役割は、お釈迦様もお大師様も説かれた〈利他〉以外にない。
 ご縁の方々に「この世の幸せとあの世の安心」を得ていただくことがすべてである。
 人生の地獄をいくばくか観ても、まだ、生きる余力は残っている。
 それが尽きるまで使い果たしたい。

 桜を眺めた。
 無心に、麗らかな生と静かな死を告げている。
 生があって死があり、死があって生がある。
 散る花びらは舞うもよし、散り敷くもよし。
 ありがとう。

「おん あらはしゃのう」
 今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ