コラム

 公開日: 2016-04-30  最終更新日: 2016-05-10

奇瑞の落とし穴(その1) ―『チベットの生と死の書』を読む(16)―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 チベット密教のソギャル・リンポチェ師は生と死について説く。

 師は20台前半の頃、通訳としてドゥジョム・リンポチェの教えを受けていた。
 ある日、「かつてない驚くべき体験」をする。

「それまでの教えのなかで語られてきたことのすべてが一度に起こり始めたのだ。
 ──周囲のすべての物質的事象が溶けるように消えていった。
 わたしは興奮して吃った。
『リンポチェ……リンポチェ……起こりはじめました!』。
 そのときのドゥジョム・リンポチェの顔に浮かんだ慈愛の表情を、わたしはけっして忘れないだろう。
 彼はわたしのほうに身をかがめ、わたしをなだめた。
『それでいい……それでいい。
 あまり興奮しすぎないように。
 つまるところ、それは良いことでも悪いことでもないのだから……』。
 驚きと至福にわたしは我を忘れかけていたのだ。
 良い体験は瞑想の道の有益な道しるべになりうるが、そこに執着が入り込むと、それは落とし穴になる。」

「その体験をこえて、より深い、より確固たる基盤に向かってゆかなくてはならないのだ。」

 私たちは、一心に祈っているうちに、さまざまな超常現象に出くわす場合がある。
 それで自分の霊感を確信したり、悟ったような気分になったりするかも知れない。
 あるいは、何かに取り憑かれたようで不安な気持になったりするかも知れない。
 それらはいずれも〈経過的現象〉である場合が多く、過去の行者たちは、真の悟りへ向かう一里塚として冷静に扱った。
 もしも実体視したり、慢心したりすれば、横道へ行く。
 だから、根本経典『大日経』は、行者が奇瑞(キズイ…吉の兆し)や魔境(マキョウ…バランスの崩れによって起こる超常現象)などにとらわれず、そこを超えて行く「十縁生句(ジュウエンショウク)」を説く。
 ここでは、1番から5番までを記す。

1 幻

 身体と言葉と心をみ仏へ合わせて行くと、菩薩(ボサツ)や神など、物理的に説明できない幻を見ることがある。
 それは普段、身口意が三つの業(ゴウ)を積んでいる状態から離れて、み仏の不思議なおはたらきである三密(サンミツ)に転換しつつあるのかも知れない。
 いずれにせよ、真言や瞑想の不思議な力を知り、変化は受けとめても、見えたものそれ自体に深くとらわれず、修行を続けねばならない。

2 陽炎

 厳かな仏界が陽炎のように見えるかも知れないが、それを実体視せず、その荘厳さ、清浄さを感得し、自分の愚かさや穢れや思い上がりから脱することが肝要である。
 また、世間に漂う想念は陽炎のようなものを相手にして起こっている場合が多く、それらにとらわれず修行を続けねばならない。

3 夢

 夢もまた、瞑想の影響による一現象であると知って、とらわれない。
 そして、私たちの苦楽そのものが夢のようなものであり、み仏の悟りに入ればそれは生じていないと観じて修行を続ける。

4 影

 何かに映る影は実体がなく、そうしたものについてあれこれ言っても無益であり、淡々と瞑想を続けねばならない。
 真言の力で生ずる不思議な効験も、それ自体は影のようなものであると知って、修行を続けねばならない。

5 乾闥婆城(ケンダツバジョウ)

 体験したことのない境地になると、まるでこの世を離れた天界の宮殿にでも入ったような気持になるかも知れないが、そこもまた仮そめのものであり、自在な心で瞑想を続けたい。
 蜃気楼として顕れる宮殿は、修行の結果、もたらされたものではあるが、それを実体視してはならない。

「おん さん ざん ざん さく そわか」

 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。合掌

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ