コラム

 公開日: 2016-05-07 

信頼という宝もの ─死後の安心とは─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。


〈人の目のないところで〉

 ある秋の午後、Aさんは「墓地のことについてお訊きしたい」と人生相談にやってこられた。 
 ごく普通の安定した職業に長いこと従事してきたAさんの質問は、いずれも勘所を外さぬものだった。
「私が亡くなったら、ご住職はどんなふうに戒名をつけてくださるのですか?」
「私が死後、年忌供養を受けるのにはどういう意味があり、ご就職は何をしてくださるのですか?」
「ご住職は新聞などでご自身のご意見を明確にしておられますが、多少、意見の食い違う者もきちんと送っていただけるのですか?」
 舌を巻いた。
 短いやりとりの後、Aさんはその場で墓地の契約を申込み、つぶやかれた。
「ようやく見つかりました」
 かたわらの奥さんへ言う。
「おい、もう大丈夫だ」

 Aさんは「ゆかりびとの会」へ入会したが、それきりとんと顔を見せず、どうしておられるかなあと思い出すようになった頃、突然、訃報が届いた。
 メガネを外し、仰向けになったAさんの顔は、あの時と変わらず、穏やかだった。
 そして、口元は緩んでいない。
 違うのは神々しさをまとっておられることだけだ。
 無口で表情は動かないのに、周囲の空気が一種の明るさを漂わせている。
 自然に手が合わさった。

 Bさんは、居合の見学を申し込まれ、友人と二人でやってきた。
 まだ少女のような無邪気さを振りまきながら、熱心に質問された。
 み仏のご加護をいただく剣法というものに心底、驚いた様子だった。
 深い関心を持つ一方、二人とも、自分にはやれないという結論に達した旨を正直に言われた。
 そんなBさんは、お身内のご不幸に際してご主人と共に当山を選び、久方ぶりの再会となった。

 留守電で聞いたBさんの訃報は信じられなかった。
 明るくふるまっていたBさんは、人知れず闘病生活をしていたという。
 当山が発行する機関誌や新聞記事に欠かさず目を通し、ご主人や友人たちとあれこれ議論することが楽しみだった。
 お柩の中でBさんは微笑んでおられる。
 信じていますと語りかけてくるようで涙があふれそうになった。
 
 当山を信頼する方が逝かれたならば、信頼は永遠に託されたことになる。
 不動の信頼へ当山はどうお応えしてゆけばいいのか?
 どうお応えせねばならないのか?
 寺院の存在理由と価値が問われている。

 死を託す相手を選び、信頼して託すことは真の宗教行為である。
 託された死と死後に対して、信頼に恥じぬよう誠意を尽くすこともまた、真の宗教行為である。
 一行者、宗教者として、信頼を宝ものとして守り、死にたいと願う。
 あの世で、AさんやBさんと一緒に、信頼という宝ものが発する光に浴したい。

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃまりぼり そわか」
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ