コラム

 公開日: 2016-05-11 

ボクサーと僧侶 ─沢木耕太郎氏の目に映った「捨てるもの」と「得るもの」─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 作家沢木耕太郎氏が朝日新聞に「春に散る」を連載している。
 結末がどうなるかはわからないが、今のところ、若いボクサーが育って行く物語である。
 かつての強豪藤原は若い翔吾へ語りかける。
 あるジムの会長が「ボクサーというのはリングの上で自由になるために練習をする」と言った言葉をきっかけに諭す。

「それは半分しか正しくない言葉のような記がするんだ。
 アマチュアのボクサーならそれでいい。
 でも、プロのボクサーは、それだけでは駄目だと思う。
 プロとアマの違いは金を貰ってボクシングをするということだ。
 ただ自分が自由になるところを見せるだけでは金は貰えない。
 プロのボクサーというのは、観客に勇気を見せることで金を貰う職業なんだ。
 打たれても向かっていく。
 倒されても立ち上がる。
 死んだ会長もトレーナーの白石さんも、そういうボクサーを嫌っていた。
 打たれないで打つ。
 倒されないで倒す。
 でも、実際にギリギリの戦いをしていると、打たれるとわかっていても打ちにいかなくてはならないときがある。
 あのインサイド・アッパーも一歩間違えば倒されてしまう。
 ボクサーはその恐怖を乗り越えて打ちにいく。
 観客はその勇気に金を払ってくれるんだ……」

 僧侶に対してはこう言い換えられそうだ。
「仏教に興味があるアマチュアなら、拝んでいる時に自分が解放されるだけでいいだろう。
 でも、プロの僧侶ならそれだけでは駄目だと思う。
 プロとアマの違いは、お仕えするご本尊様へお布施をいただくに足るはたらきができるかどうかということだ。
 ただ自分が解放されている状態の僧侶を見ても、お布施を渡す気にはなれない。
 プロの僧侶というのは、ご本尊様へおすがりする方の願いに応じ、身に着けた法力の世界を感じとってもらえるレベルの修法を行い、自発的に差し出されるお布施を受け取る職業なんだ。
 どこまで行ったらよいかわからない無限の深みへ踏み込んで行く。
 胆力も声も続かないかと不安が一瞬よぎってもなお、倒れない限り踏み込んで行く。
 見える範囲、聞こえる範囲でうまくやり、途中から引き返してきても、修法の依頼者や参集した方々は文句を言わないだろう。
 でも、法へ入れば、うまくはやれなくなる。
 技術や計算の世界ではない。
 プロの僧侶はそこを完全に離れて仏界を現前させる。
 ご縁の方は、その異次元を感得すればこそ、ご本尊様へ心からのお布施を差し出してくださるのだ。
 決して、いただくお金の範囲で拝むのではなく、拝んだ労力に対してお金をいただくのでもない。
 そもそも、修行とは、み仏の世界、すなわち異次元へ入って衆生のために力を尽くせるだけの能力を身につけるものだ。
 娑婆の損得を離れた世界を感じとった方もまた損得からでなく、自主的に、まごころからお布施をくださるだろう」

 沢木耕太郎氏の書くものは必ず、テーマとする世界の胆(キモ)をつかんでいる。
 胆にかけている人間としては、読むことが再確認の貴重な機会となる。
 自分が懸命にやっているところまでズイッと入って来てしまう観察眼と筆力にはただただ、舌を巻くばかりである。
 氏が手がける世界へ関心を持っておられる方々もきっと、「そうか!」と膝を叩いたり、「うーん」と唸らされたりすることだろう。
 そう言えば、氏はこんなことを書いていた。 

「何かを捨てて、何かを得る。
 生きるとは、何かを捨てて何かを得るという繰り返しの中にある、と言えなくもない。」

 捨てようとしているもの、得ようとしているものが氏にはお見通しなのだろうか。

「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ