コラム

 公開日: 2016-05-22 

生きることと知ること ─マンダラへ─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈皆さんからいただいた樹々が活き活きしています〉

1 私たちが生きて知ること

 私たちは一生かかって何を知るのだろう?
 一つは、「誰もがいつかはすべてを失う」ということではなかろうか。
 そしてもう一つは、「自分は、〈自分のいのち〉ではなく、〈大いなるいのち〉を生きている」ということではなかろうか。

 モノはたやすく壊れ、人の心もたやすく離れ、人のいのちもネコのいのちもたやすく消え、自分も必ず死ぬ。
 たったこれだけの事実が〈自分のこと〉として腑に落ちていないために、右往左往し、悩み、怒り、悲しむ。
 モノ金も、交友関係もなければ酷く、寂しいが、あればあったで保持に腐心し、誰かとぶつかり、勝手に〝ないほうがよかった〟などとも思う。

 自分のいのちはどこにあるかも定かでないが、ネコともスズメとも、生きて在るという真実を共有している直感は動かせない。
 一匹のネコが生きていることと、一羽のスズメが生きていることと、一人の自分が〈同じく〉生きていることとは、「ネコ」と「スズメ」と「自分」とを分ける分別の意識から離れないとわからない。
 手にはとれず、何らの測定もできないが、存在し、広がっている〈生〉という次元があって初めて、自分の〈生〉がある。
 それは海水と一滴の飛沫の関係に似ている。
 だから、私たちの文明の行く先を誤らないために不可欠とされている「共生」は、これからつくり出して行くという考え方もあろうが、むしろ、そのようにあるという真実に気づき、共生している真実の次元でお互いのいのちを尊び合う先に、顕わになってくるのではなかろうか。

2 いのちと真如とマンダラと

 仏教は、この世のあらゆるものが空(クウ)であり無常であると観る一方で、有為転変の世界とは異次元の世界にある真実を真如(シンニョ)といい、視角による真如の理解と直感をうながすためにマンダラが構想された。
 瞑想阿字観(アジカン)の本尊もまたマンダラであり、瞑想を行って真如を感得する感覚が身についてくると、ケキョケキョ、ホーホケキョと鳴くウグイスの声や、ケーンケーンと鳴くキジの声、そしてワオーンと鳴く犬の声にもマンダラが感得できる。
 それを法マンダラという。
 さまざまな服装や表情で人々が行き交う街角の光景もまたマンダラであり、それを大マンダラという。
 幼稚園の先生が前後を守り、児童たちが並んで歩き、お巡りさんが交通整理し、車が止まって児童一行の通過を待っている様子は羯磨(カツマ)マンダラである。
 病院で、医師や看護師や薬剤師や警備員などがそれぞれの服装によって役割を示している様子は三昧耶(サンマヤ)マンダラである。

 お大師様は、み仏の世界を4種類のマンダラで示した。
 文字や言葉による法マンダラ、姿形の大マンダラ、活動の羯磨(カツマ)マンダラ、誓いのシンボルの羯磨(カツマ)マンダラである。
 み仏の世界は私たちの心にあり、それがはたらけば上述のように、この世のあらゆるものがマンダラとして立ち現れる。

 月輪観(ガチリンカン)や阿字観の瞑想を行うのは、現実逃避のためでなく、思いこみをつくるためでもなく、空(クウ)と真如が直感できる〈心の解放〉を得るためである。
 守本尊の瞑想による救済もまた、そこにある。
 
「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ