コラム

 公開日: 2016-05-27 

オバマ大統領が広島を訪問するにあたって ─月に住もう─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 アメリカのオバマ大統領が広島を訪問するという歴史的な日を迎えるにあたり、お大師様の教えを思い出した。

 お大師様は『大日経』について説かれた。

「直(ジカ)に月の宮に住む法門である」

 直住月宮(ジキジュウゲツグウ)という。

 満月を眺めている私たちは、群雲がかかってくると〝早く晴れればいいなあ〟と思う。
 また、心中で輝いている満月のような〈み仏の心〉に覆いかぶさる煩悩(ボンノウ)の雲が問題なので、雲をうち払ってしまおうと戦う。
 しかし、お大師様は、月と雲を眺めて右往左往するのではなく、月そのものになってしまうのが『大日経』の教えであると言う。
 月になれば、晴れようが曇ろうが宇宙の節理に過ぎず、動ずることはない。

 ところで、5月26日、オバマ大統領は、広島訪問に先立って述べた。

「第2次世界大戦の甚大な被害と罪のない人々の犠牲を思い出させるだけでなく、まだ我々の仕事が終わっていないことを思い出させるものだ」

「紛争を減らし、平和を構築し核戦争の可能性を減らさなければならない」

 一日前の5月25日、作家塩野七生(シオノナナミ)氏の所感が朝日新聞によってまとめられた。
 以下、要点を転載する。

「謝罪を求めず、無言で静かに迎える方が、謝罪を声高に求めるよりも、断じて品位の高さを強く印象づけることになるのです」

「少し前に、アジアの二つの強国のトップが、相前後してヨーロッパ諸国を歴訪したことがありました。
 その際にこのお二人は、訪問先の国々でまるで決まったように、日本は過去に悪事を働いただけでなく謝罪もしないのだ、と非難してまわったのです」

「ところがその成果はと言えば、迎えた側の政府は礼儀は守りながらも実際上は聞き流しただけ。
 マスコミに至っては、それこそ『スルー』で終始したのです」

「ただ静かに、無言のうちに迎えることです。
 大統領には、頭を下げることさえも求めず。
 そしてその後も、静かに無言で送り出すことです」

「原爆を投下した国の大統領が、70年後とはいえ、広島に来ると決めたのですよ。
 当日はデモや集会などはいっさいやめて、静かに大人のやり方で迎えてほしい」

「われわれ日本人は、深い哀(かな)しみで胸はいっぱいでも、それは抑えて客人に対するのを知っているはずではないですか。
 泣き叫ぶよりも無言で静かにふるまう方が、その人の品格を示すことになるのです。
 星条旗を振りながら歓声をあげて迎えるのは、子どもたちにまかせましょう」

「ここイタリアでも、原爆投下の日には、テレビは特別番組を放送します。
 毎年ですよ。
 あれから70年が過ぎても、犠牲の大きさに心を痛めている人が少なくないことの証しです。
 心を痛めている人は、アメリカにも多いに違いありません」

「『謝罪は求めない』は、『訪れて自分の目で見ることは求めない』ではありません。
 米国大統領オバマの広島訪問は、アメリカで心を痛めている人たちに、まず、自分たちが抱いていた心の痛みは正当だった、と思わせる効果がある。
 そうなれば、感受性の豊かな人びとの足も、自然に広島や長崎に向かうようになるでしょう」

「広島の夏の行事の灯籠(とうろう)流しに多くの外国人が参加するのも、見慣れた光景になるかもしれないのです。
 そうなれば、原爆死没者慰霊碑の『過ちは繰返しませぬから』という碑文も、日本人の間だけの『誓い』ではなくなり、世界中の人びとの『誓い』に昇華していくことも夢ではなくなる。
 それが日本が獲得できる得点です」

「そしてこれこそが、原爆の犠牲者たちを真の意味で弔うことではないでしょうか」

 塩野七生氏はローマ在住だが、まさに日本人ここにあり、と思わせる。
 慰霊碑の「過ちは繰返しませぬから」は、日本人として奥歯が歯茎にめり込んでしまうほど屈辱的で悔しい文言である。
 しかし、耐え忍び、それもこの際、措こう。
 客人を淡々と、私たち本来のふるまい方に従って迎えよう。
 まさに、ここ一番、である。
 敗戦後70年、私たちが失ったものと失わなかったものとが問われている。
 私たちは自然に、本来持っている叡智と徳に従ったふるまい方ができるか?
 一部の跳ね返り分子によって台無しにならぬよう願ってやまない。

 今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ