コラム

 公開日: 2016-05-28 

絶望と次の瞬間について ─『罪と罰』『夢十夜』─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 恋愛をしている時は、「もしも彼を失ったなら、私は生きていられない」などと思う。
 実際、恋愛の破綻で人生を狂わせてしまう場合がある。

 仕事に打ち込んでいる時は、「仕事ができなくなったら早めに死のう」などと思う。
 そして、仕事から離れた途端、腑抜けのようになってしまう場合がある。

 柔道一直線の時は、「俺から柔道をとったら何も残らない」などと思う。
 ケガや病気などで闘えなくなり、絶望が人生への熱意も消してしまう場合がある。

 しかし決意も熱意も絶望も、いずれも〈その時点での人生観〉でしかない。
 自分の人生にこれから訪れるシーンをすべて脳裏に描き出せる人はいないし、未知のシーンで自分がどう考えるかをあらかじめわかっている人もいない。

 私たちの人生の基本は割合、単純だ。
 次々と現れるシーンにおいて、私たちは、それまでの考え方をつないで行くか、それとも新たな考え方が起こるか、それともそれまでの考え方に磨きをかけるか、それだけである。

 自分自身が銃殺刑を宣告され、執行の直前に特赦で助かったドストエフスキーは『罪と罰』でラスコーリニコフへこう言わせている。

「どこで読んだんだったけ?
 なんでも死刑を宣告された男が、死の一時間前に言ったとか、考えたとかいうんだった。
 もしどこか高い岸壁の上で、それも、やっと二本の足で立てるくらいの狭い場所で、絶壁と、太陽と、永遠の闇と、永遠の孤独と、永遠の嵐に囲まれて生なければならないとしても、そして、その一アルシン四方の場所に一生涯、千年も万年も、永久に立ちつづけなければならないとしても、それでも、いま死んでしまうよりは、そうやって生きたほうがいい、というんだった。
 なんとか生きていたい、生きて、生きていたい! どんな生き方でもいいから、生きていたい!
 ……なんという真実だろう!
 ああ、なんという真実の声だろう!」

 夏目漱石も短編集『夢十夜』の第七夜に、海へ飛び込んだ男の心を描いた。

「自分はますますつまらなくなった。
 とうとう死ぬ事に決心した。
 それである晩、あたりに人のいない時分、思い切って海の中へ飛び込んだ。
 ところが――自分の足が甲板を離れて、船と縁が切れたその刹那に、急に命が惜しくなった。
 心の底からよせばよかったと思った。
 けれども、もう遅い。
 自分は厭でも応でも海の中へ這入らなければならない。
 ただ大変高くできていた船と見えて、身体は船を離れたけれども、足は容易に水に着かない。
 しかし捕かまえるものがないから、しだいしだいに水に近づいて来る。
 いくら足を縮めても近づいて来る。水の色は黒かった。

 そのうち船は例の通り黒い煙を吐いて、通り過ぎてしまった。
 自分はどこへ行くんだか判らない船でも、
 やっぱり乗っている方がよかったと始めて悟りながら、しかもその悟りを利用する事ができずに、無限の後悔と恐怖とを抱いて黒い波の方へ静かに落ちて行った。」

 私たちは落胆し、絶望する時がある。
 そして、「人生はこのまま続く」あるいは「人生はもうおしまい」などと思う。
 しかし、実際は、死なない限り、〈一瞬後〉が必ずやってくる。
 それが何であるか、そして、その時に自分が何を感じ、何を考え、何を思い、何を語り、何をするかは決してわからない。

 行き詰まり、絶望したなら、こう思いたい。
〝──これは〈今の〉考えなんだ……〟
 こうして〈今〉と見る瞬間、絶望している自分を眺める客観的な自分が登場している。
 それはきっと、ラスコーリニコフのような気づきを与え、「夢十夜」の失敗をさせないはずだ。
 私たちは、自分の人生の〈次の瞬間〉を知らない。
 生きている者として生きてみるしかない。
 何という救いだろうか……。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ