コラム

 公開日: 2016-05-31 

ご来迎と悪魔の襲来 ─その時に後悔しないよう─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。


〈心と宇宙の象徴である五輪の塔〉

 心がけのよい人が死ぬ時はご来迎(ライゴウ)があるという。
 み仏が降りて来てお導きくださる。
 それを願う人々は、かつて、阿弥陀様や観音様のお像につながる五色の紐を手にして臨終を迎えたりした。
 紫がかった雲と光まばゆいみ仏の像は何を意味するか?

 それは仏心が開く様子だろう。
 感謝や満足感があふれ、人もモノも愛しくなり、美しく見えてくるのだろう。
 魂が本来の光そのものになっているに違いない。
 瞑想の月輪感(ガチリンカン)においては、すでにその体験ができる。

 心がけの悪い人は悪魔の襲来を受けるという。
 死に神の強大な力で、否応なく黄泉(ヨミ)の世界へ連れ去られる。
 お釈迦様は説かれた。
「その時は親族とて救いようがない」

 この悪魔は、執着心だろう。
 いのちもモノも失いたくないし、家族や好きな人やペットと別れたくないし、まだやり終わっていないことごとがある。
 残念で、悔しく、後悔や罪悪感に苛まれ、恐ろしい。
 佳きものから断ち切られ、悪しきものをどうしようもない。

 死を間近にした私たちは目が見えず、耳も聞こえなくなってゆくが、目や耳など五官のはたらきによって現象世界と接している時のさまざまな束縛から離れ、魂そのものの動きしかなくなるのだ。
 この時、すんなりとみ仏の心がはたらけば、極楽を感得できるだろう。
 はたらかなければ、辛いだろう。
 どちらになるかは、もちろん因果応報だが、いつでも、決定的なよき〈因〉をつくることができる。

 それは懺悔(サンゲ)と発心(ホッシン)である。
 我が身を振り返り、罪科(ツミトガ)を直視して悔い改めること。
 まっとうな人生に生き直しをしようと決心すること。
 これが日常生活においてはなかなか実践できないので、ご本尊様をお祀りする聖地がある。

 私たちは常々、五官六根に翻弄されてはいるが、用い方次第で、五官六根は心中のみ仏を活性化できる。
 聖なるものを目で見る、聖なる音を耳で聞く、聖なる香りを鼻で嗅ぐ、聖なる味を舌で味わう、聖なる感触を肌で感じる、聖なる雰囲気や気配を心で感じる。
 そうしたことを縁として懺悔と発心の教えに心が開けば、私たちはこの身このままで〈本来のみ仏〉である心身に近づける。
 こうした体験を重ねておけば、死ぬ時の心配はない。

 ご来迎に会えるか悪魔の襲来を受けるか、それは自分次第である。

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃまりぼり そわか」
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ