コラム

 公開日: 2016-06-07 

事前指示書と村上春樹のオーディオ観

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 最近、事前指示書に関するご相談があります。
 事前指示書とは、自分で意志表示できない状態になった時にそなえて、事前に医療行為などに関する要望をまとめておくものです。
 自分が倒れたならこうしてもらいたいとか、これは止めて欲しいというイメージを持っていても、形あるものにしておかないと、周囲の人々がわからなかったり、誤解したり、あるいは無視したりといったことになる可能性があるので、指示書は大切です。
 こうした事前指示書にはその人の人生観がはっきりと表れ、いかにまとめるかは、一人の人生を総括する作業でもあります。

 ところで、、古いオーディオ装置を愛用し続けている作家村上春樹氏はこんなことを言っています。

「うちのJBLのユニットは柄こそでかいけど、最新のスピーカーに比べたら上も下もそんなに伸びません。
 スペック的に見たら時代遅れなスピーカーだと思います。
 もっと広域が伸びたり、低域がもっとガシッと出たりしたらいいだろうな、と思う時ももちろんあります。
 でもそういう音になって、僕にとっての音楽の情報量がいまより増えるかと言ったら、それはないんじゃないかな。
 このいまのスピーカーを通して与えられる情報が、僕にとって長いあいだひとつのメルクマールになってきたし、それをもとにして音楽的にものを考える訓練を僕は積んできたわけです。」

「僕にとって音楽というものの最大の素晴らしさとは何か?
 それは、いいものと悪いものの差がはっきりわかる、というところじゃないかな。」

「価値判断の絶え間ない堆積が僕らの人生をつくっていく。」

 私たちは、音楽だけでなく、いろいろなものの価値判断をし、取捨選択しつつ「人生をつくっていく」わけですが、人生の最終場面における取捨選択が事前指示書の作成ではないでしょうか?
 誰かに選んでもらうのではなく、〈ここはどうしても譲りたくない〉と自分で選んだ自分の人生の最後の姿がそこにはあります。
 選び方に誰かとの比較はなく、いつしかできていた自分なりの尺度をもってするしかありません。
 ここに、村上春樹氏の言う「メルクマール」つまり指標の問題があります。

 氏は音楽に対して、〝これはいいなあ〟〝これはよくないなあ〟と判断し、そうした感覚で「ものを考える」生き方をしてきました。
 判断の材料となる音楽を提供するのが「JBLのユニット」です。
 それを通してこそ、氏は安定した判断が行い続けられました。
 私たちにもまた、自分なりの判断をさせる心の装置があるのではないでしょうか。

 私たちは普段、それを誰かに示すことはなく、氏にとっての音楽のようなものを必ずしも持ってはいませんが、事前指示書を考える段になると、自分でも気づかなかった判断の道筋や希望の強さに驚いたりします。
 Aさんは、ペースメーカーの電池がなくなる時を臨終の時と思い定めて指示書に書き、それまで、み仏から預かったいのちを大切に生きようと考えておられます。
 Bさんは、自分が手をかけられなくなった時に飼い猫をどうしてもらいたいか、相手の了承を得て指示書に書き、「一番の気がかりがなくなりました」と笑顔を見せました。
 Cさんは、献体の場合も引導を渡してもらえることを知り、「二つの望みがかなえば、もう、何も要りません」と涙を流されました。
 こうした決心の〈相談〉や〈書き込み〉、あるいは〈委託〉をお寺で行いたいとのお申込みがあると、いつも以上に身が引き締まります。

 そもそも寺院は、そうした場でした。
 この世のままならなさに負けず、人としてまっとうに生き抜き、最期を託すために役立つ場だったはずです。
 大いに利用していただきたいと願っています。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ