コラム

 公開日: 2016-07-02 

台湾と中国の戦争が始まっていたかも知れない ─ミサイル誤発射の事実と消えた報道─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






 
1 ミサイル発射の事実

 7月1日、台湾の国防部は、南部・高雄で演習準備中の軍艦から雄風3型対艦ミサイル1発が誤発射され、中国側へ75キロ飛んだ地点へ落下したと発表した。
 直撃を受けた台湾漁船の船長は死亡、船員3人が負傷した。
 同ミサイルは400キロ以上の射程距離を持っている。

 蔡英文(ツァイインウェン)総統が外遊中で不在の台湾側は誤発射と言い、中国共産党の創立95周を祝う記念式典が開かれている中国側がどれだけの反応を見せたのかは不明。
 台湾中央通信は、中国国務院台湾事務弁公室の張志軍主任が発した短い言葉を伝えたのみ。
「影響は非常に厳重だ」
「台湾当局は両岸(中台)関係の平和発展をどう守るのか、厳粛に向き合う必要がある」
 また、中国国営の新華社通信が発表した同氏のコメント。
「『1つの中国』を共通認識として台湾海峡の平和と安定を守りたいと、中国大陸側が再三強調しているときに、こうした事態が発生した影響は非常に重大だ。台湾側の責任ある説明が必要だ」

 最近、中国が台湾とのホットラインを一方的に切っており、中国は常時、台湾へ向けて数百発のミサイルを配備している。

2 人間の過ち

 私たちはまちがう。
 6月30日、熊本地裁は、昭和60年に起きた殺人事件の再審を決定した。
 元受刑者宮田浩喜氏(83才)は真犯人でない可能性が高まった。
 その骨子は以下のとおり。
・凶器とされる小刀の形状と被害者の傷痕が一致しない疑いがある。
・犯行の経緯の自白は作り話の疑いがある。
 無罪を信じた息子や弁護士が粘り強い活動を続け、隠されていた証拠品の存在や無理な事実認定などが明らかになった。

 同じく6月30日、大阪府警は、全65警察署のうち61署において捜査関係資料が放置され、殺人事件を含む時効になっている案件が2270に上ると発表した。
 府警は、各署へ業務指導を行っただけであり、関係者が処分されない理由は以下のとおり。
「放置が長期間にわたっており、放置した時期や人物の特定が困難」
 主な罪種別である。
・窃盗…632件
・詐欺…267件
・暴行・傷害…220件
・強盗…187件
・器物損壊…157件
・強制わいせつ…138件
・強姦…120
 殺人は10件、殺人未遂は20件、放置されていた証拠品には覚醒剤(72点)、大麻(5点)、刀剣類(8点)なども含まれる。

 原発の「安全」が神話だったことはすでに、福島原発の事故によって明らかにされた。
 ドイツなどの国々は、地球上で事故が二度と繰り返されないよう脱原発を進め、着々と成果をあげているが、それでもなお、日本は安全の基準を少し変えただけで、再稼働し、これまでと同じ道を進もうとしている。

3 過ちを繰り返す私たちの留意点

 私たちが同じ過ちを繰り返す場合には、共通点がある。
 目先の利を得るための方法と、長いスパンで考えた場合の利を得るための方法とがぶつかる場合、根気強い検討や議論を経ずに、権力を持った者の都合でエイヤッと決めてしまう。
 そのほとんどは、目先優先となる。
 なぜなら、目の前の果実は、今の拍手をもたらすからである。

 しかも、人間はそもそも〈過ち得る存在〉だ。
 だからこそ、希代の賢者聖徳太子は十七条憲法の最後に念を押している。

「十七に曰(イ)わく、それ事(コト)は独(ヒト)り断(サダ)むべからず。
 必ず衆とともによろしく論(アゲツラ)うべし。
 少事はこれ軽(カロ)し。
 必ずしも衆とすべからず。
 ただ大事を論うに逮(オヨ)びては、もしは失(アヤマチ)あらんことを疑う。
 故(ユエ)に、衆とともに相弁(アイワキマウ)うるときは、辞(コトバ)すなわち理(コトワリ)を得ん。」

(第十七条には、ものごとは権力者が独断で行うべきではないと示す。
 必ず、しかるべき人々とよく話し合う必要がある。
 小さなものごとであれば、影響力が小さい。
 だから、皆そろって検討する必要のない場合もある。
 しかし、大きなものごとであれば、人間の判断には往々にして過ちが伴うことを忘れてはならない。
 だから、皆そろって論議を重ね、道理に即した結論が得られる可能性を高めるよう努力せねばならない)

 戦争の歴史を眺めれば、この理は明らかだ。
 国家が興った頃は、王が戦いを起こし、独裁的体制では一部の権力が戦いを起こした。
 民主主義が世界へ行き渡る過程である今、民主主義が成熟した国家同士で戦争を起こす可能性はどんどん低まっている。
 皆が智慧を出し合ってよく考えれば、誰も戦いを望んでいないことがわかるのだ。
 しかし、哲学者カントは、『永遠平和のために』にこう書いている。

「礼儀をそなえ、誇らかに商業にいそしむ国々が、いかに非友好的であるか。
 よその土地、よその民族を訪ねるときの不正ときたら、まことに恐るべきものである」

 目先の利を求める人びとが他国から利を得ようとしている時は充分な用心が欠かせない。
 ましてや今は、世界中から自由に儲けられる時代である。
 強引に儲けようとすれば、生活を脅かされる者との戦いが必ず、起こる。
 掲げる「正義」など当てにならない。
 カントはこうも書いた。

「どちらに正義があるかを決定するのは、戦争の結果でしかない」

 生活を破壊された者、死んだ者に対し、いったい誰が「正義」を差し出して償えようか。

4 もう一つの事実

 7月2日、台湾が中国方向へミサイルを発射したという事実は新聞からほとんど消えた。
 たとえ、過ちであろうとなかろうと、事件によって確かに見えたはずの〈時代の深淵〉は、闇に隠されたのか。
 かつて、チベットが中国軍に侵略されたおり、僧侶たちがトラックの荷台に積み込まれている写真と、運転手の談話がチラッと新聞紙上に流れ、それを目にした小生は事態の深刻さに驚嘆し、以後、チベットに注目し続けている。
 思えば、あの写真も二度度目にしておらず、ネット上も無論、ない。

 過ちを犯す未熟な私たちが手にしてよい道具、決して手にしてはならない道具を見極めることこそ、過ちを繰り返さないための根本的解決策であると思う。
 そのためには、過ちを忘れないことが求められるとも、思う。

 今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ