コラム

 公開日: 2016-07-10 

神を知っている? ─ユングの神、渡辺祥子さんの体験、そして『黒い雨』─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 晩年の分析心理学者カール・ユングは、テレビのインタビューで、問われた。
「あなたは神を信じますか?」
 彼は沈黙の後、はっきりと答えた。
「私は知っています」

 彼は幼少の頃、牧師である父親から言われていた。
「お前はいつも考えたがっている。
 考えちゃならない。
 信ずるんだ」

 父と子(キリスト)と聖霊が一体であるとする三位一体説に関心を持っていた彼は、父親の説明を待っていたが、正直な父親はこう言った。
「ここは省略しよう。
 だった、本当のところ私には少しもわからないんだから」
 彼は、生涯にわたって、そのことを知ろうと努力したという。

 このあたりの事情について、心理学者河合隼雄は指摘している。
「よりよく考え、より多く知ろうとする態度によってこそ宗教性は深められると彼は主張したいのである。
 従って、事実に関係なくただ信じているのではなく、自分の経験的事実に基づいて彼の宗教は成立しているのである。」
「彼が『知る』と述べているのは、『それ自体は未知のある要因と対峙している』ことを知っており、その『未知のある要因』を一般の同意に従って『神』と呼ぶことを意味している。
 そしてその『未知のある要因』と対決し、その現象を慎重に観察することこそ宗教の本質であると考えている。」

 7月9日(土)、当山の寺子屋では「これからの生き方」という講演会を行った。
 そこで講師を務めてくださったフリーアナウンサーで朗読家の渡辺祥子氏は、こんなエピソードを紹介した。

 東日本大震災から半年経った9月11日、彼女は、ある被災地の広い葬儀会場で司会進行を行った。
 正面に向かって左手に立った彼女の左手は御霊の祭壇、右手は会葬者の席である。
 そこで彼女は不思議な体験をした。
 左側の空気が明らかに暖かい。

 彼女には、その理由がはっきりとわかった。
〝ああ、亡くなった方々の暖かい思いが私たちを見守っていてくださる〟
 彼女は「知った」と言えるのではなかろうか。

 やみくもに信じようとする、あるいは信じる態度は危うい。
 なぜなら、道理を捨てるかのような姿勢に人生上の無理があるのはもちろん、道理という動かしがたい知性がそれなりにはたらいた時、信じ、頼っていたはずの仏神などがいつ、消滅するかわからないではないか。
 また、小生のような宗教者の立場からすると、そうした態度は、仏神に対して無礼であり、真実から離れる道であるように思える。

 もちろん、私たちは、何かを〈信じないではいられない〉心理状態になる場合がある。
 たとえば、今村昌平監督作品の映画『黒い雨』は、広島で被曝した人々が時の経過の中で一人、また一人と死んでゆく様子を描いたが、そのラストは印象的だ。
 原爆症に悩みつつも健気に生きていた美しい娘矢須子は、ついに倒れ、救急車で運ばれる。
 付き添う青年悠一は呟く。
「きっと治る、きっと治る」
 見送る叔父の重松は、心中で思う。
「もし、向うの山に虹が出たら奇蹟が起る。
 白い虹でなくて、五彩の虹が出たら矢須子の病気は治るのだ」
 結果を示さずに映画は終わる。

 私たちにとって、すがる情緒も、観る知性も共に真実だ。
 必要なのは、それらが新鮮にはたらきつつも、いずれにも一方的に流されない主体性の確立ではなかろうか。

 講演会でコーディネーターをつとめてくださった白鳥則郎東北大学名誉教授は、合理性に彩られた近代の弊害を克服するためのキーワードを示した。
「共生環境」「共生社会」である。
 コンピューターに代表される合理性だけではなく、生身の人間が持つαとの共生である。
 ユングの「未知のある要因」も、渡辺祥子さんの「亡くなった方々の暖かい思い」も、悠一や重松の〈懸ける気持〉も、このαではなかろうか。
 
「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ