コラム

 公開日: 2016-07-19 

「傾蓋(ケイカイ)の遇(グウ)」をご存じですか?

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 お大師様が唐から帰国し、京の都へ入ってから5年経った頃、下野国(シモツケノクニ…栃木県)にいた伊博士公(イハクシコウ)から文章を書いてくれと頼まれました。
 日光山を拓いた勝道上人(ショウドウショウニン)の業績を称えて欲しいと言うのです。
 勝道上人は当時、人跡未踏だった日光山へ入って中禅寺を開基し、大旱魃(カンバツ)の年には降雨法(コウウホウ…雨を降らす祈祷)を修して人々を救っていました。

 お大師様は会ったこともない上人のために「勝道碑文」を書きました。
 そこには印象的な言葉があります。

「人の相知ること、必ずしも対面して、久しく語るのみにしも在らず。
 意通すれば、則ち傾蓋(ケイカイ)の遇(グウ)なり」

(人と人とが互いを知るのは、必ずしも、直接会って長い会話をすることによるのではない。
 心が通じ合いさえすればよいのであって、それは、たまたま出会った同士が、頭にかぶっている笠を傾け、外し、語り合うだけでも可能なのである)

 昔の日本の道路はオープン、対面者はぶつからないように気をつけながら歩いていました。
 文字どおり「袖振り合うも多生の縁」、すれ違う人々は皆、前世からの因縁で袖を触れ合うと感じていたので、現代人の感覚とはずいぶん違っていたはずです。
 そうした精神風土から、この「傾蓋(ケイカイ)の遇(グウ)」という言葉が生まれたものと思われます。

 何かのきっかけで、ちょっとした挨拶を交わした同士がピンと来る状況は、現代人なら男女の出会いくらいしか思い浮かばないかも知れません。
 もちろん、お大師様の頃も、それは変わらずあったでしょうが、この言葉は何よりも相手の〈人物〉を知る、あるいは〈人品〉を認め合うという意味合いが強いように思われます。
 恐らく、お大師様は上人の行状を聴き、若かりし頃に山野で修行した自分の体験をよみがえらせつつ、碑文を書かれたのでしょう。

 一度も会ったことがなくてすら、思いをこらせば「意通」が生じるのです。
 思えば、亡くなられた方へお授けする戒名をご本尊様からいただく時も、「意通」が決め手です。
 僧侶の祈りがご本尊様へ届き、あの世へ通じてこそ、お戒名が降りて来ます。

 「意通」は、きっと霊性のはたらきなのでしょう。
 霊性が活き活きとはたらいていればきっと 「傾蓋(ケイカイ)の遇(グウ)」に恵まれるのでしょう。

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃまりぼり そわか」
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ