コラム

 公開日: 2016-07-24  最終更新日: 2016-07-27

ポケモンGOが抱える根本的問題 ─背景とフィルター─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 世界中を席巻すると目されているポケモンGOには、私たちの心や文化や人間関係を破壊しかねない、いくつもの問題があると思う。

1 背景の問題

 私たちは、周囲の世界を、〈ありのまま〉にはとらえていない。
 関心のある対象物は目に入りやすく、そうでないものは入りにくい。
 刺激を受ける目はカメラのような役割を果たしても、それを認識し、記憶するまでの間に、必ず〈選択〉が行われる。

 もしも、視力を失えば、景色は〈在る〉はずなのに、見えなくなる。
 認識という観点からすれば、景色は〈無い〉に近くなる。
 もちろん、現実的に景色は在るので、目をつぶって歩けば何かにぶつかってしまう。

 小生はときおり、意識的に目をつむって歩いてみたりする。
 見えている状態と、見えていない状態と、二つのちがいと自分の反応などを観察するためだ。
 自分が生きて動いている現実と、周囲の世界を、あらためて眺めることには意義がある。

 さて、ポケモンGOは言うまでもなく、架空の世界をつくり出し、環境と自分との間にそれを置くシステムである。
 しかも、ゲームの面白さによって、意識や関心は圧倒的に架空の世界へ向く。
 周囲の景色も、人も、単なる〈背景〉に過ぎなくなる。

 しかし、現実に在るのは〈背景〉とされてしまっている景色や人であり、生命活動はそこにしかない。
 寝起きする布団も家も、顔を洗う水道も、つけるテレビも、呑む牛乳も、会う人も、勉める仕事場もすべて、そこにある。
 もしも、これらを〈背景〉とし、架空の世界が主人公である時間が長くなるならば、私たちの精神生活はどうなるだろう?

 必ずや、〈背景〉となってしまうリアルな世界への関心は薄らぐ。
 背景となっていること事態がすでに、関心の強さにおいて二次的であることを意味している。
 リアルな世界と真剣に取り組んでいるつもりでもなお、悲喜こもごもの日々を送っている私たちが、心の活動をリアルな世界から遠ざけることは恐ろしい。

2 フィルターの問題

 ゲームはおもしろいから楽しみもし、没頭もする。
 おもしろいと感じることそのものには善も悪もない。
 いのちを活性化させるという利点もある。

 しかし、そのおもしろさに執着することは問題だ。
 おもしろさが主人公になれば、人間としての霊性は、はたらきにくくなる。
 おもしろいと楽しんでいる状態を抑制するものや止めるものがあれば、それは邪魔ものとなり、たやすく敵ともなるのは、各種の依存症に見るとおりである。

 お釈迦様以来2500年、私たちは、リアルな世界をいかに観て、霊性という満月にかかる群雲をいにして払うかという難問に取り組んで来た。
 群雲、すなわち、各種の執着心などとして現れる煩悩(ボンノウ)が、私たちへ苦をもたらすことを知ったからだ。
 私たちはすでに、煩悩という〈真実世界〉から隔てるはたらきを抱えており、それをどうするか、まだ解決の入り口に立ったばかりなのに、今般、隔てるフィルターを新たにつくったのではないか?

 現実の景色や人間を〈背景〉としてしまうこと。
 現実の景色や人間に真実を観るはずの心の目に、新たなフィルターをかけること。
 まず、この二つがポケモンGOに潜む根本的問題であると思う。

※以下もご覧ください。
ポケモンGOが抱える根本的問題(その2) ─視線・場・映画館─(http://hourakuji.blog115.fc2.com/blog-entry-5158.html
ポケモンGOが持つ共生の可能性(http://hourakuji.blog115.fc2.com/blog-entry-5159.html

「おん さん ざん ざん さく そわか」

 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。合掌

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ