コラム

 公開日: 2016-07-31 

人間、心、いのちの全体性は大丈夫か?

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈運慶作の国宝大日如来像(円成寺)。何ものでもなく、何ものにもなる空(クウ)の空(クウ)たる姿〉

 A医師のお話を聴いた。
 医学部がどんどん細分化され、診察の現場で多様な患者さんに対応したり、医療全体が俯瞰できる視点を持っているような若い医師がなかなか、いないらしい。
 飛んでいる飛行機の中で具合を悪くした人がいた場合、スチュワーデスが「お医者さんはいませんか?」と声をかけ、手を挙げた医師が急病患者を救う、などという光景はこの先、あまり期待できないだろうと言う。
 もしも、専門分野以外の病気に手を出した場合、法的責任を問われかねないといった面も心配だ。
 その一方で総合医というものもあり、何でも診る医師だが、場合によっては、患者さんが専門の医師へとバトンタッチされる。
 総合医もまた、全体という分野に特化した知見を身につけるという意味では、細分化された世界を担っている。

 A医師へ訊ねた。
「私たちが病気になった場合、どの医師へ自分の身体を任せるかを決めるのは、特別な場合を除き、医療技術のレベルではなく、信頼できるかどうかという一点ではないでしょうか?
 そうした意味では、医療は全人格的な仕事ではないかと思えますが……」
 そうです、お互いの信頼感が第一です、という返事を耳にしながら、なぜ、人格や信頼といった現場で最も大切なところと、専門家を育てる教育の方向性がずれているのか、考えさせられた。

 やはり、技術偏重、あるいは能率や効率への過度な期待といった文明の問題なのだろう。
 小学生の頃から商売を体験し、大学では、より多くの収入に直結する資格が得られるような学部を選ぶといった方向で進めば、何かが欠けてしまうのではなかろうか。
 技術は道具であり、道具の用い方を決める精神は、技術の習得とは別なところでつくられるはずだ。
 何かを得るための思考や行動ではなく、それ自体が目的であるような思考や行動がある。
 たとえば〝自分はなぜ生きているのか?〟といった問わずにはいられない問いを問い続けること、あるいは星空に魅入られたり、神社仏閣で何かの気配を感じとったりしてボーッと過ごすこと。
 そうして過ごす時間が、人格を陶冶し、信頼される人物をつくるためには欠かせないと、体験上、思う。
 しかし、一見、何の役にも立ちそうにない時間を過ごす心の余裕は、子供や若者たちにあるだろうか?
 去年、ある小学生が話してくれた言葉は、小生の心で御守のように生きている。
「和尚さん、ぼく、独りで近くの公園に行って、丘にある台に座るのが好きなんだ。
 ボーッと眺めるんだ。
 誰も知らないよ」 

 私たちは文明を見直す重大な状況に面しているのではないか。
 人間も世界も、生気や精気や正気を保ちにくくなっている。
 人間、心、いのちが、歪(イビツ)になりかけている。
 それらを軽視する世界になりつつある。
 多様な意見に耳を貸さず、決まり文句を叫び、力で二者択一を迫る人々が世界中でもてはやされつつある。
 私たちの不安、無力感、閉塞感、苛立ちや無慈悲さは今や、尋常ならざるところに来ている。

 インドの詩人ラビンドラナート・タゴールがこう詠んでからもう、一世紀が経つ。

「生をして夏の花のように美しく、死をして秋の葉のようであらしめよ」

 夏の花のような真に活き活きした生、秋の葉のような真に受け容れられた死は、どこへ行ったのだろう。

 ちなみに、『理趣経(リシュキョウ)』はこう説いている。

「私たちが本来持っている無限の意欲は、智慧と慈悲に導かれ、無限の安楽と豊かさをもたらす」

 技術、効率、能率といった〈道具〉を磨きつつも、それらの主人公である心のありようにもっと気を配る文明であって欲しい。
 ドイツには、オリンピックのモットーを「より速く、より高く、より強く」の3つだけでなく、「より美しく、より人間らしく」を加えた5つにしようと提唱する人々がいるらしい。
  ドーピングで揺れるロシアのプーチン大統領が「もっと強く」と鼓舞していることと比較しても、さすが、であると思う。

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃまりぼり そわか」
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ