コラム

 公開日: 2016-08-11 

頭痛もち巖のあいだに蝶生まれ

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 航海士である米澤弓雄氏の句集『無明』をひもといた。

「頭痛もち巖のあいだに蝶生まれ」

 頭痛が蝶を生んだ。
 蝶は幻としてあちこちに生まれやすいが、巖(イワオ)の間から姿を現したところがいかにも海の男らしい。
 蝶が舞い上がるところを実際に見たのか、とも思わせる。
 頭の痛みが意識を鈍らせるだけでなく、意識をピンポイントでフォーカスさせる異様な力も持ち得ることを示している。

 病んで故国日本へ帰ることを諦めた安西冬衛は詠んだ。

「てふてふが一匹韃靼(ダッタン)海峡を渡って行った」

 蝶々が一匹、間宮海峡を越えて樺太へ渡って行くのが見えたという。
 日本から見れば間宮海峡だが、中国大陸から見れば韃靼だ。
 望郷の念が幻の白い蝶を生んだのだろう。

 冒頭の句は安西冬衛をふまえたものだろうが、断然、私たちに身近な感覚となっている。
 てふてふ、と、ダッタン、の組み合わせは音楽でもあり、絵画でもあるが、頭痛とくれば、もう自分のことである。
 氏にはこういう句もある。

「木犀(モクセイ)や痛みのつづく胃はおのれ」

 木犀は暗闇の中でも樹の位置がわかるほど香りが強い。
 木犀が香ってくるあたりはタダの空間なのに、それが〈存在〉として、そこに〈在る〉、もしくはそこに〈居る〉という感覚にさせてしまう。
 その香りに氏は襲われた。
 自分を支配している胃の痛みに加え、今度は木犀の香りが強く立ちはだかって困らせる。
 普段は佳い香りのはずなのに、胃痛に耐えている人にとっては追い打ちとなる。

 泉鏡花はこう詠んだ。

「木犀の香に染む雨の鴉かな」

 雨の夜ならば、カラスの姿はまったく見分けがつかない。
 しかし、木犀の香りはあらゆるものを包み込み、染めてやまない。
 見えないものまで染めてしまう。
 しかし、この句にはもう少し奥行きがありそうだ。
 雨を避けながら活動しているカラスには淫靡(インビ)な気配がある。
 泉鏡花の作品であることからしても、強い甘さを伴った木犀の香りが性的な刺激に結びつかないはずはない。

 こんなことを思いながら読むと、安西冬衛は飛んでいるし、鏡花はゆったりとしているが、米澤弓雄は切実だ。
 頭痛の句といい、胃痛の句といい、いつも波の上でいのちを守るという現実から離れられない人の宿命を感じる。
 最後にもう一句、宿命の人の句を挙げておきたい。

「夏痩せの鉄色なせり鉄筋工」

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃまりぼり そわか」
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ