コラム

 公開日: 2016-08-13 

4ヶ月ぶりに我が子を発見したご両親 ─東日本大震災被災の記(第186回)─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。


〈野辺の花にもある生と死〉

 8月12日、オリンピック男子体操で内村航平選手が逆転優勝し、新聞各紙のトップを飾った。
「もう何も出ないというところまで出し切れた」という言葉に国民が打たれた同日、さして大きくない記事も、〈やり切った〉人を紹介していた。
 4月14日に発生した熊本地震で唯一、行方不明のままだった大学生大和晃さん(22才)がついに発見されたのだ。
 父親の卓也さん(58才)と母親の忍さん(49才)は5月1日、県から捜索打ち切りを通告されてなお、職場の協力も得て、独自に探し続けてきた。

 被災したと思しき阿蘇大橋附近は峻険な場所で、激しく崩落しており、もしも埋まったなら発見は不可能だろうと思われていた。
 しかし、両親はあきらめなかった。

「布を見つければ息子の服ではないか、金属板を見つければ車の一部ではないか……。
 どんな小さな手掛かりも見逃すまいと河川敷を歩き、近づけない場所はカメラの望遠レンズを使って確認した。
 晃さんが乗っていた同型車や当日の服装の写真を載せたチラシも作り、川沿いの住民や工事関係者に配った。」

 そしてついに、手がかりを発見した。

「6月23日、阿蘇大橋の崩落現場から下流約5キロ地点で金属板を発見。
 晃さんの車と同車種の車体の一部だとわかった。
 いつしか、友人や知人が次々と捜索に加わっていた。
 我が子を捜し歩く姿をテレビで見て突き動かされ、現場を訪れ協力した人もいた。
 自宅には、『晃さんのお父様』の宛名で、全国から励ましの手紙が届いたという。

 そして7月24日。
 車体の一部を見つけた。
 忍さんは、取り乱した様子で車体を掘りだそうとしたという。
 忍さんは『私のこの手で晃を抱きしめるまでは諦められないんです』。

 7月30日、車体を見つけた現場に行った忍さんは、近くに折り鶴を置いた。
 毎日の捜索に向かう車中で折ってきたもので、1千羽を超えた。
 近くに、メッセージも添えた。
『もうすぐ連れて帰るばい』

 11日、遺体の収容を終えて、卓也さんは『手紙や励ましの言葉もたくさんもらった。ありがとうございました』と報道陣のカメラに向かって頭を下げた。
 忍さんは、晃さんにかける言葉を問われるとこう答えた。
『お帰り、きつかったね、苦しかったね』」(朝日新聞より)

 収容されたのが息子であると信じている卓也さんは語った。

「子どもを手元に取り戻すことができた」

 ここで言う「子ども」とは何だろう?
 ご遺体や遺品といったモノである。
 ご両親は、手がかりとしてのモノを100日以上、探して来られた。
 そして息子にかかわる確かな何かを手にしようとしておられる。
 それを確認し手にすることによって、息子との再会、息子の帰還が果たされる。
 それへ手を合わせることによって、あの世へ逝った息子と親との新たな絆が確信的に成立する。
 
 ところで〈それ〉はあくまでモノである。
 この場合、モノは単なる物質としてのモノではない。
 あの世の御霊とこの世の私たちが、異なる世界にいながら通じ合うために、かけがえのない役割を果たす。
 だからこそ、人類は、世界中のどこでも、歴史が発祥した当初から、お骨や遺品の扱いには繊細な感覚をはたらかせてきた。
 そこが宗教心の根を形成する肝腎なところである。
 我欲に満ちた人間に汚れを抑制させる最後のよりどころでもある。

 しかし、東日本大震災の直前はどうだったか?
 人を送る宗教行為は限りなく貶められつつあった。
 評論家は過激さを競うかのように、お葬式とそれに関する諸々の行為を否定していた。
 それが、震災を期に鳴りを潜めた。
 一気に生じた膨大な死と弔いが、私たちの本源的な心性に気づかせたのである。
 ご遺体や遺品が単なるモノではないという当たり前の心を取り戻した。

 あれから5年、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ではないが、またしても、ご葬儀はもちろん、家族も親も〈要らない〉という本がベストセラーになりつつある。
 言うまでもなく、著者のすべては親から生まれ、親子という家族関係の中で育てられ、ものを書いて売れる人間になったはずなのに……。
 評論家や宗教者から、お骨は単なるモノだとも、堂々と言われる。

 東日本大震災で津波に遭った被災地のあちこちでは、月命日となる11日に、各地で行方不明者の捜索が行われている。
 現場の方々は皆さん、真剣である。
 5年前によみがえった尊い感覚を大切にしておられる。
 それは、大和家の思いと通じている。
 大和家の報道に接してハッとしたなら、その心を大切にして行きたい。
 霊性が何かを教えてくれたはずなのだから……。

「おん あらはしゃのう」
 今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ