コラム

 公開日: 2016-08-15 

学べば心の目が開く ─漢文『法句経』を読んでみる(その6)─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 前回にひき続き、『法句経(ホックキョウ)』の【多聞品(タモンボン)第三】を意訳します。
 多聞とは文字どおり、たくさん聞いて学ぶことですが、お釈迦様の当時は書物がなかったので、聖者から直接、教えを聞くことが最高で唯一の学ぶ機会でした。
 現代の私たちとしては、まず、説く人物や団体の判断をまちがわぬようにせねばなりません。
 核融合が核爆弾や核発電に用いられているのを見てもわかるとおり、真理は目的によってどのような手段としても用いられ得ることを忘れるわけにはゆきません。
 正しいはずの教えが人を偏狭にしたり、争わせたり、あるいはマインドコントロールに用いられたり、さらには意図せぬ危険をもたらしたりもします。
 また、さまざまな宗教や経典からの〈良いとこ取り〉で継ぎ接(ハ)ぎだらけのモザイクが、新しい教えとして喧伝(ケンデン)されたりします。
 説き手を見極めた上で、情報をきちんと取捨選択し、慎重に学びましょう。 

〔六一〕仙人は常に聞(モン)を敬う、況(イワン)や貴(キ)・巨(コ)・富人(フニン)をや。是(コ)れ慧(エ)を以(モッ)て貴しと為(ナ)す。礼(ライ)すべきこと是(コレ)に過ぐるは無し。

(仙人は教えを聞いて悟った人を敬う。位の高い人や偉人や富豪も同じく、智慧ある人をこそ真に尊い人として敬う。礼をもって教えを乞うべきは、聞いて悟った人である)

〔六二〕日に事(ツカ)うるは明るさの為の故(ユエ)なり、父に事(ツカ)うるは恩の為の故(ユエ)なり、君に事(ツカ)うるは力を以ての故(ユエ)なり、聞の故(ユエ)に道人(ドウニン)に事(ツカ)うるなり。

(明るさを感謝して太陽を拝み、恩に感謝して父親に孝行し、力の庇護を求めて君主に仕える。教えを受けるためにこそ、行者を供養するのである)

〔六三〕人は命の為(タメ)に医に事(ツカ)え、勝たんと欲して豪強に依(ヨ)る。法は智慧の処に在り、福行(フクギョウ)あらば世世に明るし。

(人は、いのちを守って欲しいがゆえに医者にすがり、勝ちたいがために屈強なものにすがる。真理は智慧にこそあり、幸福をもたらす智慧に導かれた善行があれば、いつの世も明るい毎日となる)

〔六四〕友を察するは謀(ハカリゴト)を為(ナ)すに在り、伴と別るるは急時に在り、妻を観るは房楽(ボウラク)に在り、智を知らんと欲せば説に在り。

(共に計画を立てて実行しようとする時に友の真意がわかり、長年の人間関係が切れるのは急な事変に遭った時であり、妻を眺めるのは夫婦で過ごす時であるように、智慧を求めるならば聖者の説を聞かねばならない)

〔六五〕聞(モン)は今世(コンゼ)の利を為(ナ)し、妻子・昆弟(コンテイ)・友、亦た後世(ゴセ)の福を致す。聞(モン)を積みて聖智(セイチ)を成(ジョウ)ず。

(教えを聞けばこの世で役に立ち、妻子も兄弟も友人も含め、来世でも福徳をもたらす。よくよく学べば、やがて聖なる智慧が得られることだろう)

〔六六〕是(コ)れ能(ヨ)く憂恚(ウイ)を散じ、亦(マ)た不祥の衰えを除く。安穏(アンノン)の吉を得んと欲(ホッ)さば、当(マサ)に多聞者(タモンシャ)に事(ツカ)うべし。

(教えを聞いて学べば、憂いや怒りを消滅させ、巡り合わせの悪さなど運気の弱化を除く。安寧で幸せに暮らしたいならば、教えをよく聞いて学んでいる人に供養することである)

〔六七〕斫創(シャクソウ)は憂いに過ぎたるは無く、射箭(シャゼン)は愚かに過ぎたるは無し。是(コ)れ壮も抜くこと能(アタ)うこと莫(ナ)く、唯だ多聞(タモン)に従いて除く。

(いかなる刀傷も心の憂いより苦しいものはなく、いかなる矢で射られようとも、自分の愚かさに引きずられるほど人生を苦しいものにすることはない。憂いと愚かさは、いかなる腕力をもっても除けず、たくさんの教えを聞いて悟り、除くしかない)

〔六八〕盲(モウ)は是(コ)れに従(ヨ)りて眼を得、闇者(アンジャ)は従(ヨ)りて燭(ショク)を得(ウ)。亦(マ)た世間の人を導くは、目あるものが目無きものを将(ヒキ)いるが如(ゴト)し。

(教えをよく聞くことは、目の見えぬ者が心眼を開くようなものであり、暗闇にいる者が明かりを得るようなものである。悟った聖者が世の人びとを導くのは、目のある者が目のない者を率いるようなものである)、

〔六九〕是(コ)の故に痴(チ)を捨つ可(ベ)し。慢と豪富(ゴウフ)の楽(らく)を離れ、学を務め聞者(モンジャ)に事(ツカ)うる、是(コ)れを徳を積聚(セキジュウ)すと名づく。

(以上のとおり、愚かさを捨て去らねばならない。慢心と、権力や富の力で楽しむことを離れ、教えを学び、教えをよく聞いている聖者を供養する。これが徳を積み集めることである)
 
「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ