コラム

 公開日: 2016-08-18 

秘書の3条件 ─お釈迦様と阿難─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 年老いたお釈迦様は、周囲へ希望された。
 以下、武者小路実篤著『釈迦』より抜粋する。
 「」内は漢字や仮名を現代風に変えている。

「私も年をとった。
 そばにいる人が一人ほしく思う。
 世話もやいてほしいし、この世で話しておくことを覚えておいてほしく思うから、それでお前達が適当と思うひとがあったなら、選んでほしい。」

 一番弟子となった憍陳如(キョウジンニョ)が手を挙げ、お釈迦様は制した。

「お前自身、年をとっているではないか。
 どっちがさきに死ぬかわからない。
 お前自身世話をしてもらわなければならない身体だ。」

 神通力でお釈迦様のお心を忖度(ソンタク)した目犍連(モッケンレン)は、阿難(アナン)が適任者であろうと目星をつけた。
 阿難は、お釈迦様が気を許せる相手であり、記憶力抜群でもあった。
 目犍連は幹部にはかり、同意を得た上でお釈迦様に具申したところ、案の定、意中の人だった。
 しかし、皆に頼まれても阿難はなかなか、首を縦に振らない。
 とうとう最後に、受諾するにあたっての条件を三つ、示した。

「一つは仏陀(ブッダ)のお着になった着物を新しいものも、古いものもいただかないこと。
 二は仏陀が招かれてご馳走になられる時、一緒にお伴をしないこと。
 三はお目にかかる時でない時は、お目にかからないこと。」

 目犍連はたいそう喜び、お釈迦様へ報告しようとしたが、他の弟子たちは、条件の意味がよくわからなかったらしい。
 お釈迦様は喜ばれた。

「阿難は賢い男だ。
 とやかく云われることを、前から予防しているのだ。
 多くの比丘(ビク…男性の出家修行者)の内には阿難は衣のために仏陀に奉事しているのだ。又食物のために奉事しているのだなぞと云うものがあるのを知っているので、それを予防したのだ。
 又阿難はよく時を知っている。
 今如来(ニョライ)の所に逢いに行っていいか、わるいかを知っているのだ。
 又信者の人達がいつ如来に逢っていいかわるいか、異教のものをいつ如来の所につれて行っていいか、わるいか。
 又如来が食事をすませて、安穏にしているか、いないかを知り、又如来が食事を終わってよく説法が出来る時か、出来ない時かを知っている。
 阿難は賢い男だ。」

 阿難は「仏陀の気持や、神経をよく知って、謹みを忘れない男だった」という。
 彼はお釈迦様が入滅される時までずっとお仕えし通した。

 権威にあやかろうとしない。
 おこぼれにあずかろうとしない。
 ただ、ひたすら、師が役割を果たせるよう気づかう。
 人柄がよく頭もよいのは秘書として最低の必要条件だが、充分条件としてこの三つは欠かせない。
 お釈迦様が80才まで現役を続けられたのは、如来となったからこそ、ではあるが、阿難や目犍連など、仏性に目覚めた弟子たちのはたらきも決して小さくはなかったはずだ。
 だからこそ、死の床でこう言われた。

「これ以上生きても、私は何にも益するところはない。
 私はすでに済度(サイド…安心の世界へ導くこと)すべきものは済度した。
 そしてまた済度しないものにも、済度される因縁を与えた。
 もう私はするだけのことをしたのだ。
 そしてわが弟子がわが教えに従って生きる限り、如来の法身(ホッシン)は常にあって滅しないのだ。」

 師弟関係における理想の姿は圧倒的だ。
 そして、最高の権威者が、自分を含めた組織の運営は合議に任せた点にも、大いに考えさせられる。
 お釈迦様は、古くから四阿(アズマヤ)などで長老を中心として行われていた公開討論の美風を守られた。
 仏法が今日まで伝えられるに至った智慧と因縁には頭を垂れるしかない。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ