コラム

 公開日: 2016-08-25 

『日本の伝統行事』『日本の童謡と唱歌集』そして「歌う会」について

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



1 「日本の伝統行事」のこと

 村上龍氏著『日本の伝統行事』は、英訳付き、かつ、新たに描かれた画像が豊富で、これまでに類を見ない力作です。
 氏は序文で思いを語りました。

「日本の伝統的な行事は、酒や食事や部屋の飾り付けを通して、また歌や踊りや祈りなど儀式的な行為を共有することで、共同体の一員であるという自覚と、他の人々との一体感を、結果的に得るようにデザインされている。
 しかも祝祭的な催しを通じて、日本固有の価値の方向性ともいうべきものが、自然に刷り込まれる。
 つまり、家族や友人の大切さ、幸福への素朴な願い、女として生きていく作法と喜び、子どもは健やかに育つべきという教え、親や先祖は敬うべきものだという基本、弱者に憐れみを他人に思いやりを持つことの重要性などが、伝統的な行事を通して自動的に刷り込まれる。」

 私たちは、自分たちの手に〈共有〉しているものを忘れつつあるように思われます。
 それは、歴史に磨かれ、伝えられてきた〈価値の方向性〉が見えなくなりつつあるということでもあります。
 私たちの精神は、言葉遣いはもちろん、箸の持ち方や挨拶の作法など、呼吸するように身につけたことごとによって支えられています。
 いつの世も、そうした伝統に新たな体験や工夫が加えられ、その時代なりの文化が形成されてきました。

「この絵本は、わたしたちが美しい伝統的な行事を持っていることを確認するために作られた。
 この本で紹介した伝統的な行事は、わたしたちすべての日本人が、すでに広く平等に持っている無形の財産だ。
 経済成長による『世間』の消失、グローバリズムによる国家の枠の弱体化と地域社会の疲弊、共同体意識の消滅、そういった精神文化の危機に際して、すでに持っている財は滞留させず、運用したり活用したりしたほうが合理的ではないだろうか。」

 8月9日、日本代表が4位となった女子体操団体戦の決勝で、フランスのトマ・ブエル氏はこう伝え、問題となりました。
「まるで漫画のキャラクターみたいです。
 みんな大喜びしています。
 アニメみたいな満面の笑みで、小さなピカチュウがいっぱいです。」
 小柄な日本人に対する差別ではないかという私的が広がりました。
 しかし、小生は胸が冷たくなる思いをしました。
 アイドルグループやアニメのヒーローなどと一体化することによって自分の価値を確認するかのような、日本の若者たちの生き方に深い疑問を抱いてきたからです。
 私たちは、「広く平等に持っている無形の財産」を忘れ、次々と目新しいものを提供して消費者へお金を使わせる商業主義に取り込まれてしまっているのではないでしょうか。
 何かのバランスが大きく崩れかけているのではないでしょうか。
 フランス人が何を言いたかったのか、私たちはその深意を考え、自らをよく省みる必要があると思えてなりません。
 
「わたしたちは、その国の文化を、芸術や文学や音楽や映画から学ぶ。
 だが、伝統的な行事について知ることも、異文化を理解する助けとなる。
 今後、わたしたちの社会では、宗教も文化も国籍も違う人びととコミュニケーションしながら、ともに生きていくことが、何よりも重要になっていくだろう。
 日本の伝統的な行事とその価値を自ら確認し、内外にそれらを伝えることは、さまざまなコミュニケーションの手助けとなる。
 わたしはそう考えている。」

 東日本大震災で津波に遭った地域の復興は、泥の中から見つけた小さなお地蔵様を路傍に立てて合掌し、お祭を復活させるところから始まりました。
 長老に導かれ、老若男女がそれぞれの役割を果たす避難先での炊き出しは、まるで、お祭の準備をするように整然と、和やかに行われていました。
 地域がそっくり消滅するほどの危機に際し、伝統行事によって伝えられた感覚が私たちの心にまだ、確かに息づいていることを強く認識させられました。。
 私たち自身がそこに立つ時、「宗教も文化も国籍も違う人びと」との「コミュニケーション」がますます必要になってゆくであろう未来は、より友好的で創造性に満ちたものになるのではないでしょうか。

2 「日本の童謡と唱歌集」と「歌う会」

 坂本龍一氏が総合プロデュースした『日本の童謡と唱歌集』において、編曲者トベタ・バジュンは述べています。
 
「今回の仕事では、子どものころから馴染みのある『童謡・唱歌』と、久しぶりに、また本格的に向かい合うことになり、まず最初に『なんて美しい歌曲なんだ!』と、思い知らされることになりました。
 考えてみれば当然ですが、当時の日本のトップクラスの作詞家と作曲家によって生み出された傑作ばかりで、それを再認識させられたということです。
 どの楽曲も、日本の美しい四季を、精密、かつ簡潔に描いた歌詞と、時代を超えた普遍性を持つメロディーが見事に融合していました。
 その独特の『和の音楽世界』へと、ぐいぐいと引き込まれていったわけです。」

 坂本龍一氏も指摘しているとおり、北原白秋、山田耕筰といった第一級の詩人や音楽家が子供たちのためにたくさんの楽曲を作ったことは、世界に類を見ません。
 高いレベルで洗練された音楽だからこそ、時代を超え、時には国境を超えてまで、尊ばれ、親しまれ、唄われ続けてきました。
 今般、以下の要領にて、友に唄う会を催します。
 どうぞ清浄で温かなひとときをお過ごしください。



 私たちは今、社会に無慈悲さや卑劣さが広がっていると感じ、心にいささかの苛立ちを抱えつつ生きているのではないでしょうか?
 いじめ、パワハラやセクハラ、格差の拡大、無差別テロ、あげくの果ては戦争。私たちの心から、優しさという大切な宝ものが失われつつある、あるいはその輝きが何ものかによって覆われつつあると思われてなりません。
 宝ものとは慈悲であり、愛であり、優しさであり、許す心です。
 真の優しさには5つの要素があります。
〈信じる〉〈認める〉〈教える〉〈与える〉〈守る〉、これらが円満に実践されてこそ、「優しい人」と言えるのです。
 共に考えてみませんか?

 さて、今回の寺子屋では、「優しさ」を見つめなおし、唱歌を歌うことによって、私たちが持っている美しい情緒に息を吹き返させましょう。
 一人一人の心にある泉から清水を流れ出させ、お互いの心を癒し、社会の乾きに潤いをもたらそうではありませんか。
 合唱を指導してくださるのは、鎌倉女子大准教授で合唱指揮者、ウィーン国立音大にも留学した声楽家小山裕之先生です。
 仙台市出身の先生は、仙台市や鎌倉市や東京都などで、さまざまな合唱団を指揮するかたわら、広く一般の老若男女に歌う楽しさを味わっていただこうと、気さくな指導も行っておられます。
 当日は、広い会場で、「もみじ」「小さな木の実」「ふるさと」など楽しい歌や懐かしい歌を聴くだけでなく、共に先生の指導を受け、自慢の喉に磨きをかけられてはいかがでしょうか。
 お子さん連れも大歓迎です。
 どうぞ、お誘い合わせてご参加ください。

・日時:9月10日(土)14時~16時
・場所:仙台市泉文化創造センター(旧イズミテイ21) 小ホール(403席・車椅子可)
    仙台市泉区泉中央2−18−1 ℡022-375-3101
・会費:1000円(中学生以下無料) ※東日本大震災で被災された方は無料です。お申し出ください。
・参加:自由(事前申込みは不要です)
・主催:大師山法楽寺 黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 
※お問い合わせはこちらへ:℡:022(346)2106  mail:ryuuchi@hourakuji.net

「おん あらはしゃのう」
 今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ