コラム

 公開日: 2016-08-26 

少女へ伝授した瞑想法 ─渡し続けるタンポポの種─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 ある時、小学校低学年の少女に月輪観(ガチリンカン)という瞑想法を伝授した。
 大丈夫かなと一瞬、思ったが、親御さん以上に真剣な顔をしているので、始めた。
 長めの白いワンピース姿で、当たり前のように結跏趺坐(ケッカフザ…右足を左足の腿へ乗せる座法)を組む。
 五体投地も印もスルスルとこなす。
 観想文については理解しやすく説明した。
 一言も聞き漏らすまいとしていることがよくわかる。
 真言も耳から聴いたように唱える。
 腹式呼吸のところではさすがにとまどっていたようだが、タイミングなどは会得したらしい。
 眼前の図像から満月を胸中へ取り込むところは何度も繰り返した。
 途中で、大丈夫かい、休もうかと声をかけたが、頭(カブリ)を振る。
 とにかく胸中に月輪ができたようなので最後まで通して伝授した。

 お月様は胸のところにありましたか?
 終了後に訊ねてみると、橙色だったと言う。
 都会の子なので、青白い月ではなく、やや赤みがかった月を眺める方が多いのだろうか。
 事前に、昔の行者は実際に満月を眺めながら修行したと説明しておいたので、正直に自分なりの月をイメージしたのだろう。
 作法について厳密に言えば問題はあるが、とにかく一時間半の伝授と体験を休みなくこなし、お月様が広がったというところまで行ったのだから大したものだ。

 帰りしな、御朱印帳を差し出す。
 付き添った親御さんのものではなく、本人がカバーもかけて大切にしているのだという。
 途中で幾度か、緊張を解きほぐそうとしたが、笑顔にはならないけれど、心は柔らかく保たれていたようなので、ある程度は覚えたことだろう。
 最後におみくじを引いた。
 子供用のものではなく、恋愛用のものを引いたらしい。
 さすがに皆で大笑いとなった。

 思えば、托鉢日記にこう書いたものだった。
「托鉢をしていると、自分がタンポポの種を運ぶ風に思えてくる。」
 未熟な行者だが、いつしか心に仏法の小さな種が形成される。
 托鉢先で祈り、見知らぬ方々と裸の言葉を交わすうちに、心もとなかった種がはっきりと結晶し、相手と共有される。
 御札と共にそれを置き、次のお宅へ向かう。
 種はそれぞれのお宅へ渡すが、行者の胸から消失はしない。
 こうして現在の自分がつくられたように思う。

 東日本大震災の津波によって無数の〈種〉が行方不明になった。
 しかし、小生の心に蓄えられた種は今、別な形で次の世代へと渡されつつある。
 どんどん渡したいと思う。
 同時に、ご縁の方々と共に新たな種を結晶させる努力も続けたいと思う。
 だから、輪廻転生(リンネテンショウ)は楽しみである。
 
「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ