コラム

 公開日: 2016-08-31 

悼むとは、死者の身近に在って、死者がいつまでも人間らしい存在であれとねがうことだった。

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 長田弘の詩に『アッティカの少女の墓』がある。
 葉桜の季節、氏は、2500年前に亡くなった少女の死について書かれた薄い本(『或るアッティカの少女の墓』)を思い出し、この詩を書いた。
 そこに決定的な一文を見つけた。

「悼むとは、
 死者の身近に在って、死者がいつまでも
 人間らしい存在であれとねがうことだった。」

 氏は、古代ギリシャのアテネあたりで生き、死んだ少女の名前も顔も知らないが、悼む気持になった。

「死のなかでなお生きつづける親身な精霊。
 死者は、時を忘れて生きる存在にほかならない。」

 見知らぬ少女が悼む気持に応じて「親身」な存在になっている。
 いや、親身に感じたからこそ悼むことができたのだろうか。
 いずれにしても、「生きる存在」としてそこにいる。
 明らかに、絆がある。

 カール・ベッカー博士は『愛する者の死とどう向き合うか』において説く。

「続いていく絆は慰めや安らぎをもたらすということは事実です。
 慰めは、絶望や落胆に直面するなかでの快楽や楽しみや喜びを意味します。
 慰めは痛みの中に入り込みますが、痛みを取り除くわけではありません。」

「多くの宗教は、悲嘆する人を慰めるものです。
 それは、自己を超えた実在とつながっているという感覚のうちに見いだされます。」

 長田氏は絆によって何を得ているのか?
 いかなる痛みが慰められたのか?
 氏は『探すこと』をこう締め括っている。

「人間は探す生き物。
 探し探して無に終わる、空しくも愛すべき生き物。」

 氏にとって徒労の人生を生きることそのものが悲哀なのだろう。
 氏の悲哀が見知らぬ少女の「親身な精霊」によっていっとき、慰められている。
 その精霊が「生きる存在」ならば、まさに、「自己を超えた実在とつながっているという感覚のうち」にあることになる。
 詩『アッティカの少女の墓』は、まぎれもなく宗教の世界を描き出した。

 特定の神や仏がいるから宗教なのではない。
 人生につきものの悲哀に沈み、不条理に翻弄されて呻き、その反面、表面の意識が薄れ、混濁する中で感覚が研ぎ澄まされる時、立ち現れる異次元なるものと交流する世界。
 そこが宗教の世界であろう。
 幾多の行者、聖者が体験をもとにして示したイメージこそが仏神であり、御霊である。
 私たちは文化の息を吸いながら、言葉とイメージの追体験をする。
 そこには聖なるものがあり、異次元の聖性は、私たちの悩みも苦しみも悲嘆も薄れさせてくれる。
 聖性を持った世界をもっと知り、もっと救われたいならば、学び、実践するしかない。
 そうして学び、実践するのが、いわゆる宗教である。

 深く悼むまごころは、芸術や宗教への扉を開くかも知れない。

 今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ