コラム

 公開日: 2016-09-04 

Q&A(その28) 喪失と子供の不調について

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 子供が神経質になった、急に成績が落ちた、などの場合、環境の激変が影響しているかも知れない。
 こうした子供や孫に関する人生相談もたくさんある。
 カール・ベッカー博士によると、小さなお子さんの〈喪失〉体験は7つのリスクをもたらすという。
 ここにおける喪失とは、親や兄弟など身近な人の死、あるいは親や仲間から見捨てられる、いじめられる、虐待される、といった人間関係の決定的な切断である。
 以下、博士著『愛する者の死とどう向き合うか』を参照しつつ、考えてみよう。

1 不安と恐怖が異常に高まる。

 ちょっとしたできごとや物音でも、不安になり、恐れる。

2 重度の抑うつになる確率が高まる。

 全員が抑うつ状態になるわけではなく、大人になってから強い落ち込みになりやすいという研究報告がある。
 
3 健康上の問題や事故などが増加する。

 喪失による悲嘆がストレスとなって健康を害しやすくなるし、周囲に対する注意力が散漫になったりもする。

4 学業成績が低下する。

 環境の激変により、誰かの手助けがないと、勉強へ集中しにくくなったりする。

5 自己評価(セルフ・エスティム)が低下する。

 生きるための杖を失ったように思うし、他者からの心ない言葉が、より所のない気持を強めたりもする。  

6 外的なLOC(統制の所在)が著しく高まる。

 不幸の多くが運の悪さから生じ、自分の運命は抗えない他者によって統制されていると感じる「外的統制者」になりやすい。
 反対に「人生の不幸の多くが自分の過ちから生じていると考える人間」は内的統制者である。

7 後の人生において、悲観的になりやすい。

 やれると思えばやれそうなことも、やれないと思うことによってやれなくなり、悪循環に陥りやすい。

 もちろん、喪失を体験した子供すべてがこうした問題を抱えるわけではないが、いくつかに当てはまると判断した場合は、適切な手を打つ必要がある。
 たとえば、こうしたポイントである。

○遊びの時間を充実させる。

 遊ぶことによって、子供は自分がいる世界の意味を理解し、その理解は喪失の理解へとつながる。
「遊ぶ子は、ストレスに直面しても不安定になったり、人間として持っている自己治癒力を失ったりすることはめったにありません。」

○その子供なりの性質・性格のうち、立ち直りに役立ちそうなところをうまく動かす。

 自分でどんどん立ち直れる子供もいれば、ショックに弱い子供もいて、性格は簡単に変えられないことをよく理解した上で導く、

○家族間で何らかの信念や実践を共有する。

 なぜ、と疑問のまま、説明できないできごとにぶつかっても、家族として精神的な信念体系を持っていれば、できごとの意味を見つけやすい。
 たとえば、家族の中で掃除などの役割を淡々と果たしている子供は、不測の事態に適応しやすい力を持っている。
 大人も子供も、何かしらスピリチュアルな信念を持っている人と、持っていない人とでは、現実に耐え、適応する力が違う。
 自分の信念や行動によって〈自分の世界〉をつかんでいれば、そこに生じたできごとも、理解し、受け容れやすいのだろう。

○外部からのサポートを行う。

 家族以外に頼れる人がいない場合、第三者の手助けは力になる。

○状態を判断した上で、喪失した相手とのつながりを保たせる。

「(あの世へ逝った)お父さんは今、何を考えているんだろう」
 こうした姿勢が出てくれば、できごとはおさまりをつけつつあると言える。

 もしも、我が子に異変を感じた際は、学校でのいじめなどと共に、環境の激変によるストレスを考えてやるようにしたい。
 ただし、できごとが起こった時期と変化が生ずる時期の間にかなりなズレが生ずる場合もあり、慎重な検討が必要。
 いずれにしても、変化は必ず何かのシグナルである。
 キャッチしてあげたい。

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃまりぼり そわか」
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ