コラム

 公開日: 2016-10-02 

背き合いとマンダラ ─10月の運勢─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。


〈世界を裡によって表現した胎藏マンダラ〉


〈胎藏マンダラの「最外院(サイゲイン)」には、人を喰うダーキニーもいます。「電気仕掛けの胎蔵界曼荼羅を描いてみるぶろぐ」様よりお借りして加工しました〉

 今月は、「君がそっちへ行くというのなら、僕はこっちへ行くよ」というような〈背き合い〉が生ずるかも知れません。
 人それぞれに好みや主張があるのは当然ながら、「他人のことは知ったこっちゃない」という姿勢になれば、大問題があります。
 誰一人として、他者との〈関係性〉の中でしか生きられないのに、その真実を忘れ、自分一人だけで生きているような気持になるのは、錯覚というものです。
 錯覚は、自分に眠る仏心への扉となる根本的な感謝の心を薄れさせ、周囲との縁を薄く、暗くしてしまうことでしょう。
 しかも、自分の運勢を傾かせるだけでなく、周囲の人々にも決してよい影響を与えはしません。

 世界の姿が表現されているマンダラを眺めてみましょう。
 中央部附近にはありがたいみ仏方が霊光を発しておられますが、周辺をよく観察すると、気味の悪いものや恐ろしいものもいます。
 人間に害を及ぼす鬼や夜叉などです。
 しかし、彼らがいくら嫌いだからといってマンダラから消してはなりません。
 そうしたものたちも含めてこそ、この世が成り立っており、人間の都合によってどうこうできるわけではないからです。


〈染川英輔画伯の「最外院」〉


〈金剛界マンダラの「供養会(クヨウエ)」では、中心の如来様を女尊が優しく供養しています。上記の「最外院」とは何という違いでしょうか〉

 たとえば、私たちはウジ虫を見れば〝気持悪い〟と感じ、招来はハエになって飛び回るので、ウジ虫もハエもいなくなって欲しいと思うかも知れません。
 しかし、太平洋戦争の激戦地では、傷口にうごめくウジ虫を食べて生き延びたという実話もあります。
 そこにそのように生ずるものには必ず、宇宙的バランス上の必要性があり、たかが人間の都合で安易にどうこうしようとするのは軽率であり、身勝手と言うべきです。
 なお、ウジ虫は今、医学などの分野で脚光を浴びています。

 たとえば、最近、日本で新しい免疫療法が開発され、注目を浴びていますが、それは「免疫チェックポイント阻害剤」です。
 私たちの身体には、生じたガン細胞を攻撃する免疫細胞がいます。
 ただし、異物への攻撃は体内での戦いなので、あまり激しくやると体そのものがアウトになりかねません。
 核戦争になれば地球が滅ぶのと同じです。
 だから、パワーが暴走しないよう、歯止めがかかっています。
 さて、彼らはガンをやっつけようとしますが、ガンは抵抗し、やがては、この歯止めボタンを押します。
 そうなると、免疫細胞は「撃ち方やめ」となるので、ガンは勢力をどんどん伸ばします。
 そこで、医学博士本庶佑氏は、ガンがボタンを押させないように工夫しました。
 効果は顕著で、他の方法では助からないはずの人々が回復するようになりました。
 しかし、当然ながら、ボタンはそもそも体全体のバランス上、必要なはずだったものであり、暴走すれば肺や大腸などに副作用をもたらし、重症筋無力症などを発症させる場合もあります。
 現在は、免疫細胞にどうアクセルを踏ませ、どうブレーキをかけるかという研究が行われているそうです。

 たとえば、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、選挙で「大統領になったなら、半年で10万人の犯罪者を殺す」と公約し、事実、当選後2ヶ月の間に、警官とビジランテ(非公式自警団)は、麻薬密売人と目される3000人以上の人々を射殺しました。
 裁判制度があり、死刑禁止が国是となっている法治国家において公然と行われている大量殺戮は明らかに法と秩序を無視していると言えましょう。
  あろうことか、9月30日にはこう演説しました。
「ヒトラーは300万人のユダヤ人を虐殺した。
 (フィリピンに)麻薬中毒者は300万人いる。
 私も喜んで殺したい」 
 しかし、世論調査によれば、国民の9割もが大統領を支持しているそうです。
 他国の状況ながら、何かのバランスが危機的に崩れているのではないかと心配になります。
 そして、世界中で、拳を振り上げつつ誰かを叩き、周囲に耳を貸さず、強引にやりたいことをやろうとするタイプの人間が喝采を浴びつつある現状は、恐ろしいと感じます。

 私たちが是非・善悪を判断し、よりよいと思う方向を目ざすのは当然ですが、自分が思う「是」によって「非」を排斥し、「善」によって「悪」を否定しようと先鋭化すれば、独善に陥る危険性が生じるだけでなく、全体を俯瞰(フカン)する目が失われ、自分も、人間関係も、社会も、免疫細胞の暴走に似た状態となりかねません。
 もしも〈背き合い〉の気分を感じた時は、頑(カタク)なな一歩を踏み出す前に、マンダラを思い描いてみましょう。
〝自分はマンダラのどこにいるのだろう?〟
 このように一呼吸置いただけで、無事安全にこの一ヶ月を送るきっかけになることでしょう。
 
「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

年内の共同墓へのお納骨や墓地の確保ができます
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ