コラム

 公開日: 2016-10-04 

マンダラの鬼たち ─み仏以外のものたちに学ぶ─

 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 10月2日に書いた「背き合いとマンダラ」についてご質問がありました。

「とても見るに耐えない画ですが、なぜ、これが修行に用いられるのですか?」

 疑問は当然です。
 では、図にある13人について詳しく見てみましょう。
 誰であるかは以下のとおりです。

・左上の一人…奪一切人命(ダツイッサイニンミョウ)
  閻魔天(エンマテン)に属し、すべての人々のいのちを奪う死に神。

 右手に持っているのは皮袋、左手には菩薩(ボサツ)のように花を持っています。
 生まれた私たちは死にたくありませんが、授かったいのちは必ずお返しせねばなりません。
 新たないのちが生まれ、育つために。
 東北を考え続けている山内明美氏は著書『こども東北学』の最後で、詩人谷川俊太郎氏からの質問「死んだらどこへ行きますか?」に、こう答えておられます。

「んだなぁ。
 どごさ行ぐのがなぁ。
 ふわふわどごさが飛んでいぐんだいが?
 土の中でねぇが?
 花の養分さでもなるんでねぇが?」

 生は時間の流れに生じ、流れは死も招きますが、いのちそのものは無になるのではなく、生から死へと姿を変えるのみであり、死はやがて生をもたらします。
 花は散っても、花びらは養分となり、生の準備をするのです。
 当山が造りつつある「お遍路道場」も土造りから始め、新たないのちと心の世界を招こうとしています。

 いのちを奪う奪一切人命がなぜ、惨たらしい姿でないか?
 その理由がわかります。

・その他の8人…毘舎遮(ビシャシャ)
  餓鬼。
  人肉を喰い、血をすすって飢えを凌ぐ。
  自分が喰い、飲むことにしか関心を持てず、同類なのに会話はできない。

 彼らは人を喰う鬼たちです。
 何とも哀れな姿で人肉を喰い、血をすすっていますが、一緒にいても決して目を合わせてはいません。
 自分の食欲が生存の全てであり、他者は目に入らないのです。
 彼らの表情を眺めていると、私たちが本当に飢えた時の様子が想像され、ブルッとなります。
 また、我がことしか考えない利己主義者たちの顔も想像され、貧富を問わず、〈奪う手〉を伸ばす者の浅ましさに目を背けたくなります。
 獲物がなくて焦る者にはもちろん、両手に食べものと飲みものを持った者にも、深い感謝や溢れる喜びは一欠片もありません。
 心に真の満足がないからでしょう。

 私たちもまた、我欲に追われている時は、自分で気づこうと気づくまいと、表面の顔の下にはこうした表情が現れているはずです。
 我が身を振り返ると同時に、戦争や飢饉によって食べられず、飲めず、奪うか死ぬかの瀬戸際に立たされている人々の境遇にも思いを致したいものです。
 
・その下の3人…荼吉尼(ダキニ)
  大黒天に属し、人の死を半年前に知り、心臓を奪って喰う。
  仏法に接して悔悛しながらも、喰わねばならぬ境遇を哀れんだみ仏のお慈悲により、死人の人肉を喰うことは許された。
  屍体を暴悪な羅刹(ラセツ)から守るための真言も授かった。

 この世でも、あの手この手で、死へ向かっている人々に近づき、その命綱を奪おうとする人々がいます。
 毘舎遮と違い、明らかに肥えているにもかかわらず、毘舎遮の持たない武器を持ち、まるで宴会をやっているような風情です。
 自分が生きるための範囲なら死人を喰うことを許されてはいますが、食べものはいつ、凶暴な羅刹などに奪われるかわかりません。
 まるで、オレオレ詐欺や悪徳商法を行う人々が暴力団などに狙われつつ、悪しき方法で奪った戦利品を誇り、ひとときの宴会をやっているようではありませんか? 

・一番下に横たわる人…死鬼
  亡者。

 自分の死を理解し、観念しています。
 あとは屍体を何ものかに喰われようが、喰われまいが、そのことについては放念しているように見えます。
 諦念に導かれてあの世での旅を行けばきっと、み仏の世界へ溶け込めることでしょう。

 しかし、何かのきっかけでこの世へ怨みなどを残せば、文字どおりの鬼として悪しき影響力を持たないとも限りません。
 たとえば、自分の死後に備えて準備した葬儀代やお布施が誰かに流用され、望んだ旅立ちができなかったならば、どうでしょうか?
 亡くなった人が成仏できるかどうか、それは旅立つ人の心一つではありますが、送る人が当人の心をどう考え、何を行うかもまことに重大です。
 しかも、そうした人生上の重大場面でいかなる行動をとったかは、送る人のその後の人生に大きな影響を及ぼすことでしょう。
 私たちは、死鬼の表情を眺め、送られる心、送る心を考えたいものです。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ