コラム

 公開日: 2012-02-17  最終更新日: 2014-06-04

【現代の偉人伝】第144話 ─瓦礫の受け入れを決めた静岡県島田市の桜井勝郎市長─

面識のない遙か関西の方から被災者を供養する花々が届きました
 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。
 また、当山へかずかずの温かいご支援をくださった方々へ、深く深くお礼申し上げます。
 来る3月11日には「般若心経百万巻」の供養をしましょう。(http://hourakuji.blog115.fc2.com/blog-entry-3107.html



 静岡県島田市の桜井勝郎町長(67才)は、岩手県山田町の瓦礫を試験焼却することにした。
 2月16日から実施される。

 市長は、昨年12月、静岡県知事川勝平太氏の「ゴミ処理能力の1パーセントで震災瓦礫の受け入れをしよう」という呼びかけに応じ、受け入れを表明したが、案の定、反対の声が上がった。
「放射性物質が拡散するのではないか」
「風評によって特産品のお茶が売れなくなるのではないか」
 国や県を相手に手順をふみ、地元説明会を何度も開催し、住民へ理解を求めてきたにもかかわらず地元代表者の同意は得られない。
 しかし、2月1日、宣言した。
「市の責任で試験焼却を進め、安全を確認できたなら岩手県大槌町と山田町の瓦礫を受け入れる」
 当初は賛成のメールは2パーセントほどしかなかったが、今は「4対1くらいの割合で賛成や激励が多い」という。

 市長は昨年5月、被災3県を訪問した。

「行く所すべて、見るものすべてがすごい光景で……。
 本当に何もない。
 がれきを被災地で処理したら10年以上かから、がれきが片付かなければ復興に手が付けられない、と聞いた」

 市長は「島田は実験台」と公言している。

「被災者の苦境を思えば、援助できる者が援助するのは当たり前。
 自治体のトップは余裕があるなら腹をくくって、がれきを受け入れるべきだ。
 最終処分場がないというのはいい訳。
 必要なのは気持だ。
 この際、首長の独断でがれきの処理をやるべきだ」

 釈尊は六匹の動物に例えて気まま心を戒められた。
「一本の杭に繋がれた六匹の動物がいる。
 夕方になるとそれぞれが自分の家をめざす。
 犬は飼い主の家へ、サルは山へ、トリは空へ、キツネは塚へ、ヘビは穴へ、ワニは河へ。
 しかし、皆がそれぞれの方向へ行こうとするので杭は抜けず、誰も目的地へ行けなかった」
 六匹は六根である。
 もしも、眼は見たい形を求め、鼻は嗅ぎたい匂いを求め、耳は聞きたい音を求め、舌は味わいたい味を求め、身体は触れたい感触を求め、意識は想いたいものを求めてばかりいたならば、その人はまっとうに生きられない。
 国家社会も同じである。
 各地の住民が皆、「自分が王様、下から目線は絶対に正しい、嫌なものは嫌」と言い出したなら、社会からモラルは消え失せることだろう。

 以前、河北新報へ掲載された「『日本は一つ』忘れたか」を取り上げた。
 この一文を書いた69才の女性は言う。

「『東北を忘れない・日本は一つ』の温かい掛け声は、時間と共に消えてゆくのだろうか」

 桜井勝郎市長はその座をかけて消すまいと立ちはだかる。
 権限を持つ全国の首長たちにも立ち上がって欲しい。
 地方自治の理念と地域エゴのわがままは違うのだと、身をもって示して欲しいものである。




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。

 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ