コラム

 公開日: 2012-04-01  最終更新日: 2014-06-04

人が歩いてくる みんなカオをつけて。 ─エイプリルフールの虚?真実?─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 疲れが深まり新鮮な感覚がはたらかなくなりかけると、故杉山平一氏の詩集を手にします。
 そこにはこんな一行詩があったりするからです。

「人が歩いてくる みんなカオをつけて。」

 見慣れた街角でふと、詩人の眼は異界を観ます。
 眼から入る情報によって動く眼識(ゲンシキ)という眼につながる心が切り替わったのです。

 いかに視力の良い人でも、私たちは決して100パーセント〈ありのままに〉モノを見ることはできません。
 この眼識というフィルターを通さなければ、身体の外部にある情報は、内容を持ったものとして心へ届かないからです。
 そして眼識は十人十色だからです。

 氏は普段、私たちと同じく、流れて行く人々を眺めています。
 眼前を過ぎて行く人々は一人一人、身体も服装も異なっているとはいえ、等しく〈群の一員〉です。
 ところが、何かの拍子に眼識の切り替わりが行われ、人は一人一人異なった顔を持って歩いている個別の存在であることに気づきます。
 もはや、〈群の一員〉ではありません。
 一人一人に、群と観ているうちは感じなかった圧倒的な存在感が伴っており、怯みます。

 そして、皆、知らない人々であることに不安を覚えます。
 あの人とも、この人とも、心の通路がありません。
 しかも、顔はその人となりを最も顕わにしているはすなのに、顔がモノと見えてしまえば、心は〈隠されたもの〉として意識されます。
 この瞬間、顔は仮面になります。

 こうして、流れて行く仮面たちは不安をいよいよ増大させ、孤独感すら呼び起こします。
 だから、氏は「顔」と書かず「カオ」と書きました。

 氏の二行詩も同じ世界を綴っています。

「いつの時代でも、信号がかわると、ドッと人や車が動き出す。
 あれはおそろしいものだ。」

 日本人の特性の一つとして、交通信号をよく守ることが挙げられます。
 赤信号を正面にすると、たとえ車のほとんど通らない交差点であっても信号が変わるのをじっと待つ姿は、日本人以外の人々には驚異の光景であるとされています。
 私たちには見慣れた交差点での群衆のふるまいであっても、普段と切り替わった詩人の眼識は、ほとんど無意識に人々が同一行動をとる様子に恐ろしさを感じています。
 全員が〈あやつり人形〉と観えたのかも知れません。
 あやつられる不気味さ、眼に見えずあやつるものがいる不安……。

 最後に『夫婦』をお勧めとします。

「右足と左足さながら
 はなれて前と後へ
 いつも反対行動をとるのだが
 やっぱり同じ方向に歩いてきたなぁ
 (ずいぶん とおく)
 ぴったりくっつくと
 離れてしまうし
 これからも反対するぞ
 まだまだ 進むために」


 エイプリルフールらしい贈りものになったでしょうか。







 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ