コラム

 公開日: 2012-04-04  最終更新日: 2014-06-04

善意の永遠 ─皇后陛下、立岡学氏、山内昌之教授─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。


 故神代俊通師の言葉です。

「永生は善意である。
 善意は個人の意志ではあるけれども、又人々の意志でもある。
 そしてそれが永生であるのは、それが人々の意志であるからである。
 それは人々に喜ばれ、人々に頼られ、人々に感謝せられる。
 又崇められ、祭られる。
 悪意は永生とはなりえない。
 それは嫌がられ、恐れられ、拒まれ、棄てられるからである。
 善意のみが永く生きるのである」

 東日本大震災後、膨大な数の人々がボランティア活動に入られたことに象徴されるとおり、皆さん、自分の善なる意志を形にしたいと願い、行動しておられます。
 いかに善なる意志での行動がとられつつここまで来たか、日々ご来山される方々からお聞かせいただく身近な現場のお話はとても書き尽くせません。
「善かれ」と願い行動する姿は「家族のため」であろうと、「国家社会のため」であろうと、師の言葉どおり、「人々に喜ばれ、人々に頼られ、人々に感謝」され、私たちの手本となります。

 たとえば、3月11日、東日本大震災追悼式に心臓手術後間もない天皇陛下が強い御意志で出席された時、皇后陛下は和服をめされました。
 それは、退院からわずか一週間で壇上に立たれる陛下が転倒されそうになった場合、最もおそばにおられる皇后陛下にお支えいただくしかなかったからです。
 78才の夫を77才の妻が支えようとされました。
 いつ倒れてもおかしくない夫に役割を果たさせるため、ハイヒールでなく、底の平らな草履ですばやく動こうと覚悟して一歩一歩と壇上へ進まれた皇后陛下のお心を忖度(ソンタク)すると言葉もありません。

〈m00122647851[1]をお借りして加工しました〉

 たとえば、路上生活者の自立を支援するために神職を擲(ナゲウ)ってワンファミリー仙台を設立した立岡学氏は、一般社団法人パーソナルサポートセンターの理事として、仮設住宅で暮らす被災者の困りごと相談を聞いて回る「安心見守り協同事業」も展開しています。
 氏は、「被災者と生活困窮者を一体的にサポートできる制度」を願い「実態に即した法制度」を求めています。
 困った人を見捨てておけないという一心こそ善意の核です。

 たとえば、3月に東大を定年退職したイスラム史研究者山内昌之教授は、3月3日最終講義となる公開講演会を開きました。
 その中で目を引く言葉があります。
「国と社会に貢献したいという思いは学生時代からあった。
 学問に国境はないが、学者には祖国がある」
 生まれ育った祖国や社会への恩返し。
 こうした思いを忘れない人々こそが、同じようにそれぞれの祖国を思う人々との真の相互理解や連携を行えるのではないでしょうか。
 自分の祖国を大切にする心がなければ、他国の人々が祖国を大切にする心と感応できるはずはありません。

 誰かの何かのために「善かれ」と心から願い行動する時、その思いは等しく仏性を持った人々へ通じ、影響を与え、「永く生きる」のではないでしょうか。
 神代俊通師は重ねて記されました。

「生を願うものは善意を願わねばならぬ。
 それが生の道、死を超える道、永遠の道である」



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ