コラム

 公開日: 2012-04-05 

息を吐く、思いを吐く

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 生きものには死へのプログラムが内蔵されていますが、生きものの基本姿勢は死ではなく生へ向いています。
 それは、樹木が太陽の光を求めて枝を伸ばすのを見ても判ります。
 人もまた、最期を迎えるまで、生をめざします。
 死の訪れが100パーセント確かであればこそ、私たちは懸命に生をつなごうとします。

 ところで、「引き取る」には、大辞林における四番目の意味として「息が絶える。死ぬ。『息を──・る』」があります。
 人は息を吐いて死ぬのではなく「息を引き取る」、つまり吸ってそのまま呼吸の停止した状態が死です。
 自然にしていれば、誰でもが死に神に手を引かれるまで息を吸って生きようとし続けます。
 嬰児(ミドリゴ)が相手を選ばずに見せる笑い顔も、早朝に道路を掃くご老人の後姿も、息を吸いつつ生きてあるものの健気さを教えています。
 警察官や消防士などの殉職もまた、生をめざす人の死であればこそ、私たちの心へ強く訴えかけてきます。
 
 さて、以前も書きましたが、枕経(マクラギョウ)にでかけたところ、ご臨終に間に合わなかった方がとても残念がっておられたので、故人の思いが届く法を結んだ時、ご遺体が「フーッ」と息を吐くような気配を発しました。
 声なき声が聞こえたように感じたのは私ばかりではなく、ぐるりと座ったご一同はしばし、息を呑んだままでした。
 法によって心が動き、息に乗せて思いを届けようとされたのでしょう。

 作家岡本かの子を妻とした故漫画家岡本一平はこんなことを書きました。
「牛や魚は死ぬ時遺言しない。
 鳥や松の木も死ぬ時遺言しない。
 遺言するのは人間だけである。
 死ぬ時自分以外に他あるを顧みて其処(ソコ)に何か責任上の一言を遺して置く。
 これ人間が万物の霊鳥である由縁(ユエン)であらう」
「死に際には病苦や人生に対する愛惜の念でわれ等凡人はとんだ考になったり逆に反抗的に気取って見たりしてとても本当の事は述べられまいと思ふ。
 よって平常死後の事は洗ひざらひ喋ってしまって置く方がよいと思ふ。
 そして死病にかかった後にいふ事は取り上げないやうに近親に頼んで置くのがよいと思ふ」
「まあ身の廻りの捌(サバ)きに就(ツイ)て家族に少し説明して置けば一人前の責任は済むと思ふ」
 みごとに〈吐いて〉おられます。
 これならもう、いつ〈引き取った〉ままになっても大丈夫でしょう。

 とにかく生きましょう。
 吐く息へ思いのありったけを乗せつつ生きましょう。
「欲を捨てよ」という幻の声にうろたえず、慈悲と智慧の力で生きる意欲を大欲(タイヨク)とし、息も思いも吐き切りつつ生きたいものです。

(この文章は平成17年に書きました。もうネットで読んでいただけない古い綴りの中から行者高橋里佳さんがピックアップしたものを加筆修正の上、再掲しています)



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ