コラム

 公開日: 2012-04-20  最終更新日: 2014-06-04

修行を望む方へ ─供養は修行─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 ご自身の心にある問題点に気づき、「修行をしたいがどうすればよいか」というご質問が絶えません。
 自分自身を省み、これではいけないと気づいた時点で、すでに心の転換すなわち転迷開悟(テンメイカイゴ…迷いを転じて悟りを開く)は始まっています。
 そこで必要なのは智慧です。
 世間的にうまくやる知恵ではなく、み仏のお慈悲と一体になった叡智です。

 たとえば、悪を知っていて行うのは悪人です。
 悪を知っていて行わないのは智慧のある人です。
 悪を知らないで行うのは智慧のない人です。
 悪を知らないで行わないのは智慧の蕾が開き始めた人です。
 善を知っていて行うのは善人です。
 善を知っていて行わないのは怠け者です。
 善を知らないで行わないのは智慧のない人です。
 善を知らないで行うのは智慧の蕾が開き始めた人です。
 智慧があれば慈悲心が動き、悪はできず、善は行わないではいられません。

 さて、具体的にはどうするか?
 人として生まれた理由は人間として修行するためであり、仏法はその道を菩薩道(ボサツドウ)として示しました。
 菩薩になる道です。
 それは六波羅蜜(ロッパラミツ)行という修行法によって行われ、基本は出家者と在家者とを問いません。
 在家の方は仏壇の前や各種祭壇の前などで行い、僧侶は寺院で行います。
 仏壇はご本尊様をお招きしてあるミニ寺院であり、位牌となった方はそのご加護で安心し、手を合わせる私たちはお導きいただく立派な修行の場です。
 もちろん、その他、どこで行ってはいけないということはありません。

○自己中心的で、周囲の人のためになろうとしない自分を変えたい方
 水を供えて誓いましょう。
「我、水のごとく、素直に、他を潤し、心の汚れを洗い流さん」
 そして真言を3返(7・21・108も可)唱えましょう。
「おん ばぎゃばてい だのう じはてい びしゃりじゃ ほらや だなん そわか」
 こうして布施(フセ)の心がつくられます。

○悪いと知っていながらやってしまう自分を変えたい方
 塗香(ヅコウ)というお香を手に塗って誓いましょう。
「我、塗香のごとく、自他を清め、浄戒(ジョウカイ)そのものになり果てん」
 そして真言を3返(7・21・108も可)唱えましょう。
「おん しら だりじ ばぎゃばてい うん きゃく」
 こうして持戒(ジカイ)の心がつくられます。

○忍耐力がない自分を変えたい方
 花を供えて誓いましょう。
「我、雨風に負けず咲く花のごとく、堪え忍び、心の花を咲かせん」
 そして真言を3返(7・21・108も可)唱えましょう。
「おん ばぎゃばてい きしゃんてい だりじ うん はった」
 こうして忍耐の心がつくられます。

○何をやっても長続きしない自分を変えたい方
 お線香を供えて誓いましょう。
「我、線香のごとく、たゆまず、怠らず、最後までやりぬかん」
 そして真言を3返(7・21・108も可)唱えましょう。
「おん びりやきゃり うん びりえい びりえい そわか」
 こうして精進の心がつくられます。

○心身が落ちつかない自分を変えたい方
 食べものを供えて誓いましょう。
「我、己を捨てて食べ物となる生きものに感謝し、心身を整えん」
 そして真言を3返(7・21・108も可)唱えましょう。
「おん ばぎゃばてい さらば ばんぱかりに まかなちえい うん うん うん はった」
 こうして禅定(ゼンジョウ)の心がつくられます。

○皆が一緒によくなろうと思えない自分を変えたい方
 灯明を点して誓いましょう。
「我、灯明のごとき智慧の明かりで道を照らし、まっすぐに歩まん」
 そして真言を3返(7・21・108も可)唱えましょう。
「おん ちしり しゅろた びじゃえい そわか」
 こうして智慧の心がつくられます。

 供養が修行であるとはこのことです。
 真言の唱え方は、近々にホームページへアップします。
 例祭などへお出かけの際にご質問いただけばお教えすることもできます。
 毎月、機関誌『法楽』を作る前に、お手伝いくださる方々と共にお唱えしています。
 なお、塗香(ヅコウ)はあまり見慣れないかも知れませんが、行者が法を結ぶ前には必ず塗るもので、当山の講堂前には、入堂される前に塗っていただくよう備えてあります。
 お近くの仏具屋さんや葬祭会館さんへ訊ねれば用意してくださることでしょう。



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ