コラム

 公開日: 2012-04-30  最終更新日: 2014-06-04

5月の聖語 ─み仏に驚かされ、覚らされる─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 (『みやぎ四国八十八か所巡り道場』に咲いたカタクリの花)

 お大師様は説かれました。
「本有(ホンヌ)の仏性(ブッショウ)ありといえども、必ず仏の驚覚(キョウガク)を待って、いまし、よくこれを悟る」
(私たちは生まれながらにして〈み仏の性〉を具えてはいるのに、自然にはなかなかそのことに気づかず、み仏のお示しがあって初めて、ああ、そうだったのか、とよく悟るものである)

「本有」とは「本来、有る」であり、誰にでも生まれながら有るという意味です。
「仏性」とは「み仏と同じ性」であり、これがあるので私たちはいつでも、み仏そのものとして生きられるはずです。
「驚覚」とは、「驚かせ、覚らせる」であり、私たちを「ハッ」とさせ、「ああ」と感激さたりしつつ、気づかせてくださるという意味です。

 津波で亡くなった方々の遺体を手がける様子が綴られた『遺体』には、そうした場面がいくつもあります。
 たとえば「今時珍しいほど実直で情の深い性格」だった友人野中氏の遺体を発見した鈴木勝氏(釜石歯科医師会会長)は、野中氏の遺体のそばで妻が語りかける言葉を耳にしました。
「あなた、お疲れ様でした。本当に、お疲れ様でしたね」
 そして、ハッと気づきます。
「野中の店のすぐ近くには実家があり、そこには身体を悪くして動くことができない母親が暮らしていた。
 津波警報が鳴ったとき、親思いの野中は母を見捨てることができずに家に留まって助けようとし、命を落としたにちがいない。
 だからこそ、妻は最後まで母を救おうとした夫に『お疲れ様でした』と囁いたのではないか。
 思わず、眼に涙が溢れてきた。
 こんな夫婦のあり方が羨ましかった。
 野中の奴は幸せ者だと思った。」

 人は時として、み仏としての本来の姿を顕し、それに接した人々もまた、立ち止まり、自分自身の中に何かを見つけます。
 私たち自身に、あるいは周囲に起こるできごとはすべて、驚覚を含んでいます。
 それは、私たち自身も、この世もマンダラだからです。
 あらゆるできごとが、走る電車の窓外を流れる風景のようでしかないと感じられる心の状態もあります。
 また、足元の小さな花が放っているいのちの輝きに眼を奪われ、動けなくなるといった心の状態もあります。
 感応が生じてまごころが動くかどうかは、アンテナとしての心の状態一つによります。

 み仏は人生のどこかの時点で、私たちがまごころを持ったみ仏の子であるという真実を覚るきっかけをつくってくださるものです。
 往々にして、あっと驚くような形で──。
 あるいは、花一輪をもって──。



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ