コラム

 公開日: 2012-05-02  最終更新日: 2014-06-04

身代わり地蔵様の話 ─賽の河原における救済─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 早世した幼子は、賽の河原で小石を積みます。
「一つ積んでは父のため、二つ積んでは母のため」
 そして、三つ積んでは、故郷の兄弟たちとわが身のために廻向(エコウ…徳を廻し向けること)します。
 そこへ地獄の鬼たちが現れて妨害します。
 なぜか?

 我が子を亡くした親たちが、無くなった我が子の不憫と我が身の不幸とを嘆くばかりで、この世にいながら不幸な環境に苦しむ他の子供たちが眼に入らないからです。
 鬼はこう言うのです。
「お前の親たちは、失って一段と子供の大切さ、ありがたさがわかったはずなのに、いつまでも自分と自分の子どものことしか考えない。
 大切でありがたい宝ものである子供たちが周囲にたくさんいても、自分とは関係ないからといって、こどもたちのためを考え、手を差し伸べようとしない。
 自分が苦しむのは、苦しんでいる他人を見て善いことを行うきっかけなのに、それがわからない」
 我が子を失った親御さんへ対してあまりにも過酷な要求ではないかと言えば、そういった面は確かにあります。
 だから、鬼なのでしょう。
 しかし、「いつまでも、自分と自分の子どものことしか考えない」のであれば、やはり、問題があります。
 いつか落ちついたなら、どこかの時点で、「ああ、ここにも苦しんでいる子供がいる」と気づき、手を差し伸べればそれはきっと、その子供のためになるだけの行為ではありません。
 自分自身が苦しみからいっそう遠ざかる大きなきっかけになるのではないでしょうか。
 自分の苦しみを通して他人の苦しみに思い至れば、人生観が変わるだけでなく、運命も変わることでしょう。
 そういった意味では、鬼は厳しいだけでなく、救いをもたらすという面も併せ持っているのではないでしょうか。

 さて、廻向したいのに邪魔される賽の河原の子供には救いがありません。
 そこへ今度は、お地蔵様が現れて言います。
「今後は私をを冥土(メイド)での父母と思ってすがりなさい」
 お地蔵様は子供を抱き、子供の身代わりとなって鬼の攻撃へ立ち塞がります。

 だから、大切なのは、亡くした我が子のためを思うならば、他の子供たちのためになって善根(ゼンコン…善い結果をもたらす善い種)を積むことです。
 そうすれば、賽の河原の我が子が救われるだけでなく、その大人が充分に善根を積めないまま亡くなって地獄へ堕ちても、お地蔵様は、やはり身代わりとなって地獄の苦を引き受けてくださるのです。
 こうしたお地蔵様は、「常に衆生の傍(カタワ)らに応現(オウゲン)す」と説かれており、心一つでお地蔵様のご加護をいただけます。
 経典は説きます。
「地蔵菩薩に帰依(キエ)するは、その真言を一心に誦持(ジュジ)することに他ならず」
 お唱えしましょう。
「おん かかか びさんまえい そわか。おん かかか びさんまえい そわか。おん かかか びさんまえい そわか~」



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ