コラム

 公開日: 2012-05-03  最終更新日: 2014-06-04

【現代の偉人伝】第148話 ─『アリア』を描いた鷺悦太郎氏─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




『アリア』

 東日本大震災で被災した陸前高田市に住む画家鷺悦太郎氏の油絵『アリア』が第88回白日会展において白日賞を受賞した。
 震災前の氏の作品約200点は流失し、受賞を記念する個展などはまったくメドが立っていない。
 氏は仮設住宅に住みながら9つの絵画教室を復活させている。

 氏の受賞を伝える河北新報の記事で『アリア』を眼にし、かねて氏を支援してこられた器・和雑貨・地酒の店『いわ井』さんへ連絡した。
 同じように罹災しながら銘酒『酔仙』を復活させ、再興の途にある『いわ井』さんのご主人は丁寧に対応してくださり、氏と連絡をとった上で、残念ながら受賞作には当分、会えない旨の回答をいただいた。
 しかし、同作品を含む過去の作品数点が絵はがきとして保存されているという。

 さっそく送られた絵はがきの写真はやはり、重層的に訴えかけてきた。
 これは復興する東北のシンボルになると確信した。

 東北の地は寒い。
 寒さによって鍛えられる心がある。
 それが東北人の魂の背骨となっているのではなかろうか。
『アリア』の女性は、寒風に立つ。
 喪服を象徴する黒を地色とする衣装には、赤く青く大輪の花が描かれている。
 永遠に失われたいのちの宴の記憶をまといつつ、女性は顔をやや下向けながらも、その目線は懸命に上へ向けられようとしている。
 寒さで赤みがかった鼻は、潤んだ瞳の奥に湛えられている涙の深さをも感じさせる。
 キリッと結ばれて少し薄めに見える唇は耐えようとする力を示す一方で、その口元と頬には微笑みを求める思いが滲んでいる。
 生活で主役を務める右手はベールの下にあり、顎の近くでベールを押さえる左手には揺るがぬ意志がこめられている。
 
 知性を表へ出さず、控えめで慎ましやかでありながら、たじろがぬ勁(ツヨ)さ。
 喪と宴とを陰で支えつつ大地に足を踏ん張って生きる健気さ。
 この画には、東北の女性が歴史と共に培ってきた徳や美や力が凝縮している。

 津波の前年、氏は第86回白日会展へ『追憶』を出品している。

『追憶』

 ここで描かれた女性は知的であり、夢のような過去へ身を委ね、朧気な未来を視ようとしている。
 同じく決して抜け出せない過去の最先端に立ちながら、平時の女性はアンニュイな気分のまといつく時を刻み、有事の女性は事の矢面に決然と立つ。
 二つの作品は、はからずも、女性のいのちと心の彩りを対照的に描き出した。

 氏のこれからに期待しつつ、『アリア』を胸に皆さんの立ち直りと復興を祈りたい。




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ