コラム

 公開日: 2012-05-12  最終更新日: 2014-06-04

救いを求め、夢へ向かうには ─難しい5月を乗り越えましょう─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 この時期になると、特有の人生相談が増えます。
 当山で対応する際のご加持と皆さんへお話しする心構えについて少々書いておきます。

 ご加持では善男善女の心と身体へ直接、法をかけます。
 当然、目的によってご加護をいただくご本尊様は異なります。
 たとえば、財物の縁によって救われる方へは、虚空蔵菩薩様のお力によって、宝珠の力をいただきます。
 悪癖封じなどによって救われる方へは、不動明王様の金縛りの法をかけ、因縁を封じます。
 バランスの回復が必要な方へは、地蔵菩薩様の法をかけ、揺らし、回復させます。
 いずれの場合も、不動明王様の結界と地蔵菩薩様の掌は必要不可欠です。

 また、法を降ろすには、空・風・火・水・地(クウ・フウ・カ・スイ・チ)の順に行います。
 なぜなら、仏法は、量子的真空からあらゆる可能性を含んだ空が生じ、空から動きとしての風が生じ、風から熱としての火が生じ、火から流体としての水が生じ、水から固体としての地が生じたと考えているからです。
 法によって、堅固な骨格、健全な血液、適切な体温、順調な呼吸、身体全体のバランスなどを回復する力が出てきます。
 それは同時に、妨げないこと、自由なこと、温かなこと、流れること、揺るがぬことという、天地万物の徳をあまねくいただくことでもあります。
 他人へは優しくし、自分へは厳しくし、社会的には正しく判断し、人間関係では優雅にふるまい、まっとうな人となるためには尊きものへ感応する心もつくられます。
 いつも「ご加持を受けると、知らぬ間に身心が揺らされ、欠けたり尖ったりしている状態が、円満な状態へ向かいます」とお話ししているのはこのことです。

 さて、お大師様は地・水・火・風・空の「五大(ゴダイ)」に識を加え、「六大(ロクダイ)」を説かれました。
 識とは心です。
 よく生きたいと熱望すれば、心は必ず本もの、真理を求めます。
 真理を悟るには、方便と智慧が必要とされています。
 目に見え耳に聞こえる現象に対して行う正確な認識と適切な判断が方便です。
 一方、形あるものも聞こえるものもすべてが空(クウ)であり幻であると観て揺るがないのが智慧です。
 つまり、世俗的にきちんとものごとへ対応する能力と、因果応報など、絶対的真理を理解し体得する能力が必要です。
 だから、お釈迦様もお大師様も、娑婆では徳のあふれるふるまいに生き、法を説き修法する際は超人的なはたらきをされました。
 隠形流(オンギョウリュウ)居合の道場では、「愚癡を言わず未来を語る」「公と私の区別をする」「恩を着せず恩を忘れない」など、娑婆でのまっとうな生き方を身につけると同時に、自他の魔切り法などを学んでいます。

 私たちが夢を持ち希望へ向かって進む際に大事なのは、こうした二方面からものごとを考える視点を持つことです。
 たとえば、介護の仕事に自分をかけようと思ったならば、まず、道義を忘れず作法を身につけ、世間的にきちんとした人間になりつつ技術を身につけること。
 そして同時に、人気を得たい、あるいはお金をたくさん儲けたいと願うだけでなく、介護する方もされる方も空(クウ)の存在であり、接する時はいつも一期一会(イチゴイチエ)と心得ること。
 こうやって、世間におけるふるまい方を磨くと同時に、魂の次元における浄化・向上を行いつつ夢の実現へ向かいたいものです。

 一般的に5月は〈難しい時期〉とされています。
 行き詰まったならば、ご加持を受けて身心を活性化させましょう。
 大志を花開かせるため、世間的成功を得るための方法に邁進しつつ、魂を浄化し・向上させましょう。



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ