コラム

 公開日: 2012-06-29  最終更新日: 2014-06-04

希望 ─負けるな─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈座禅石の上に佇み、お釈迦様の修行像を眺めるミケ子の人生とは……〉

 故杉山平一氏は、悲しみと希望のありさまを短い詩『希望』に凝縮させました。

夕ぐれはしずかに
おそってくるのに
不幸や悲しみの
事件は

列車や電車の
トンネルのように
とつぜん不意に
自分たちを
闇のなかに放り込んでしまうが
我慢していればよいのだ
一点
小さな銀貨のような光が
みるみるぐんぐん
拡がって迎えにくる筈だ

負けるな

 夕べの時間は音もせずに暮れて行きます。
 光と闇の比重は、砂時計の砂が上下のロートで入れ替わるように移ります。
 陽が昇り日が暮れるリズムは、生きものとしての私たちの身体にも心にも馴染み、いのちと一体になってもいます。

 しかし、「不幸や悲しみの事件」は、まるで星が流れるように、一陣のつむじ風が起こるように、前触れもなく突然やってきて、私たちを「闇のなかに放り込んで」しまいます。
 このリズム外のできごとは、誰にも決して避けられません。
 だから、できごとに対応する場合に共通しているたった一つの態度は「我慢」です。
 持ちこたえるのも、反撃するのも、立ちなおるのも、すべて我慢があればこそです。
 我慢がなければ崩され、崩れ、あるいは暴発し、伏したままになりかねません。

 私たちは、困難な状況に陥ると「まるで出口の見えないトンネルに入ったようだ」と表現します。
 詩人もトンネルの闇と言いますが、トンネルには出口があると、あまりに当然なことをつけ加えます。
 必ず「小さな銀貨のような」明かりがポツンと前方に見える時がきて、やがて「ぐんぐん拡がって」まるで「迎えに」きてもらうかのように、光が私たちを包んでくれるのです。
 こうして救われる確信があればこそ、人間らしい我慢が可能になります。

 100才に手が届きそうなあたりでこの詩を書いた詩人はいったい何本のトンネルに入り、何枚の「銀貨」を見てきたことでしょうか。
 確かに、闇の向こうに見える小さな明かりの円は、金貨ではありません。
 まだ金貨の〈祝福〉はありませんが、銀貨の静かな、そして信頼できる〈安心〉として明かりは訪れ、着実に広がります。
 苦の海を渡ろうと必死になっている私たちにとって、100年近く生きた方から、必ず待っているもの、救うものがあるのだよと、いわば保証されるとは何と力強いことでしょうか。

 詩人は保証し、出口をめざせと叱咤(シッタ)します。
 ──前進力は〈希望〉。
「負けるな」



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ