コラム

 公開日: 2012-07-13  最終更新日: 2014-06-04

いじめ、いじめられているお子さんへ(その1) ─親御さんが教育するための一助として─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈私たちへ託された古人の祈り〉

 いじめているお子さん、いじめられているお子さんのために、簡単に運勢を書きました。
 運勢はいのちと心が動いて行く可能性の高い方向を示しています。
 必ずそうなるわけではないので、決して予言やお告げではありません。
 良き可能性をどんどん伸ばし、悪しき可能性へは早めに処置するためこそ、古人はこうした判断方法を残してくれました。
 縛られることなく、兆しを見逃さず、智慧をもって対応するのがそれを生かすコツと言えそうです。

【数え年8才の貴方】

 新しいできごと、新しい出会い、新しい気づきに目を瞠(ミハ)る思いがし、なかなか変化について行けずドギマギするかも知れません。
 小さな渓流に住んでいた魚が少し大きな川へ下ったようなものです。
 見たこともない美味しそうな餌がある一方、危険なものもいっぱい流れて来ます。
 また、大きくて頼もしそうな友人が実はどう猛で、突然、本性を現してこちらを食べようとするかも知れないので注意しましょう。
 あそこに隠れ家があるなと思っても、目の錯覚かも知れません。
 アテにしていて、いざという時に逃げ込めなかったりしたら大変なので、肝腎なものはきちんと確認しておかねばなりません。

 今年はまず、先生や先輩などの言うことをきちんと聴いて、理解することを第一に努力しましょう。
 お化けが見えるなどという仲間に引きずられないよう、極力、自分の目や耳などで確認すること。
 こうすればああなるという原因と結果のつながりをよく眺め、知り、自分が何をどうやっているか、どうなりそうか、省みる必要があります。
 自分の心に怒りや怨みが芽生えたなら、文殊菩薩(モンジュボサツ)様の梵字やお姿をイメージして祈れば、祈りの響きの中へそうしたモヤモヤは解消してしまいましょう。
 真言は「おん あらはしゃのう」です。
 また、自分でやらねばならない役割や、調べてみたいことなど、集中できるものに集中する時間をとり、我を忘れた時間の中へそうしたモヤモヤは解消してしまいましょう。
 疲れが溜まってイライラすると、やがてダウンするかも知れず、喉や脚のケガにも要注意です。

 こんなことに気をつけながら過ごし、いじめたい心が起こった時も、いじめに遭って辛い時も、この一年を守ってくださる守本尊文殊菩薩様の真言を唱えて、そうした悪い流れにうち克ちましょう。  
【数え年9才の貴方】

 仲間からの信頼が高まり、協力者の力も得て願っていたことが成就するかも知れません。
 それには、自分の何が認められているのかを冷静に判断し、せっかくの信頼や信用に背かないよう、真実一路で励むことです。
 もしも身近な人に裏切られたり騙されたりしたなら、狭い仲間内だけで悩まず、自分が属する小さな輪から離れた人の意見や助力を大切にして乗り切りましょう。
 その逆に、見知らぬ人からのメールや事情を知らない遠くの人からの中傷などに遭った時は、「親友は私の真実を知っている」と自信を持ち、動揺しないよう。

 今年はまず、観たものや聴いたものの意味や価値をしっかり考え、自分でそのエッセンスを吸収できるよう努力しましょう。
 自分があまりに奮い立つ時は、適度に抑え、暴走しないよう。
 どうすれば人の道をまっすぐに歩めるか、一生の研究課題にそろそろとり組み始める時期です。
 また、あれこれと迷いが生じたならば、普賢菩薩(フゲンボサツ)様の梵字やお姿をイメージして祈れば、祈りの響きの中へそうした迷いは解消してしまいましょう。
 真言は「おん さんまや さとばん」です。
 セカセカせず、睡眠や食事を時間通りに摂って心身の調子を整え、確保されたゆるやかな時間の流れの中へそうした迷いは解消してしまいましょう。
 風邪をひいたら油断せず、口臭や体臭などの異変にはいち早く対処して無事安全です。

 こんなことに気をつけながら過ごし、いじめたい心が起こった時も、いじめに遭って辛い時も、この一年を守ってくださる守本尊普賢菩薩様の真言を唱えて、そうした悪い流れにうち克ちましょう。

【数え年10才の貴方】

 周囲とのつながりがうまくゆかず、孤立感を持つ一方で、さして根拠のない高慢な気持が湧いてくるかも知れません。
 今は、無理に周囲への扉をこじ開けようとせず、仏神を崇め、優れた先生や先輩や家族に学び、向上心を持つことによって自分の愚かさを知り、恐ろしい慢心を退治する時です。
 謙虚であろうとしながらもなお、周囲から役割を与えられる際は、あくまでも謙虚な気持で引き受けましょう。
 ただし、悪心のある人々と組めば、悪いことを行い、自分も酷い目に遭いかねないので、きっぱりと断りましょう。
 そうして自分を〈仏神や太陽の前で恥ずかしくない人〉として保てば、やがて、まっとうな人々から、より重い役割を与えられることでしょう。

 今年はまず、いのちやモノやものごとがどうして生まれるのか、どうして消えるのか、その成り行きをよく観るよう、問題意識を持って勉強にとり組みましょう。
 問題意識によって頭のはたらきを活性化させ柔軟にすれば、学力は上がります。
 また、人間に起こる大きな異変に気づかされるでしょう。
 人生が思い通り、予定通りにならないことに驚き、不安になるかも知れませんが、それはずっとそうであるという人生の真実がそろそろわかりかけるはずです。
 淋しい時、高慢心が生じた時は、地蔵菩薩(ジゾウボサツ)様の梵字やお姿をイメージして祈れば、祈りの響きの中へそうした不安は解消してしまいましょう。
 真言は「おん かかか びさんまえい そわか」です。
 自分勝手な色眼鏡をはずし清浄で安心な気持の中へそうした不安は解消してしまいましょう。
 高熱や心臓がハカハカするといった症状が出たなら、すぐに対処して無事安全です。

 こんなことに気をつけながら過ごし、いじめたい心が起こった時も、いじめに遭って辛い時も、この一年を守ってくださる守本尊地蔵菩薩様の真言を唱えて、そうした悪い流れにうち克ちましょう。



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ