コラム

 公開日: 2012-07-15  最終更新日: 2014-06-04

いじめ、いじめられているお子さんへ(その2) ─親御さんが教育するための一助として─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 いじめているお子さん、いじめられているお子さんのために、簡単な運勢を書きました。
 運勢はいのちと心が動いて行く可能性の高い方向を示しています。
 必ずそうなるわけではないので、決して予言やお告げではありません。
 良き可能性をどんどん伸ばし、悪しき可能性へは早めに処置するためこそ、古人はこうした判断方法を残してくれました。
 縛られることなく、兆しを見逃さず、智慧をもって対応するのがそれを生かすコツと言えそうです。

【数え年11才の貴方】

 のんびり、ぼんやりでもよかった時代を離れて、周囲も自分も何かと慌ただしく、時には急かされるような大人の世界へ入りかけます。
 神様や仏様も身近に感じられ、親が仏神へ祈る様子を見て、これまでとは違った感じがします。
 好きなものや好きな人が自分の思い通りにならないことを思い知り、大切なものをなくすことの意味もわかり始めます。
 困っている人がちゃんと目に入り、自分がその人へどういう態度で接するかが問われます。
 周囲からの信頼を失うのは自分のせいであることがわかり、先生や先輩など目上の相手へ対する言葉遣いの大切さに気づきます。

 今年はまず、自分の果たすべき役割や本分をきちんと意識し、それをやればこそ家庭でも学校でも自分の存在意義があるのだということを知りましょう。
 ただ、可愛がられたり、大切にされたりする受け身の〈子供〉から脱し始めます。
 どうすればそれらが達成され、自分の居場所が安心で行く先も決められるか、よく考えてみましょう。
 好きなものと別れる哀しみや寂しさが芽生えたなら、阿弥陀如来(アミダニョライ)様の梵字やお姿をイメージして祈れば、祈りの響きの中へそうしたモヤモヤは解消してしまいましょう。
 真言は「おん あみりたていせい から うん」です。
 また、挫けそうになったなら、自分の役割を意識して勇気をふるい起こせば、懸命に励む時間の中へそうしたモヤモヤは解消してしまいましょう。
 転んで頭を打ったり、頭痛がしたりといった時は、早めに医者へ行って処置しましょう。

 こんなことに気をつけながら過ごし、いじめたい心が起こった時も、いじめに遭って辛い時も、この一年を守ってくださる守本尊阿弥陀如来様の真言を唱えて、そうした悪い流れにうち克ちましょう。

【数え年12才の貴方】

 おしゃべりをしたり、一緒に食事をしたりする中で、楽しく過ごせる時もあり、嘘や争いを生む危険性が潜んでいる場合もあることを知ります。
 自分の一言が誰かのパワーを引き出して嬉しい体験をする一方て、言わなければよかった一言をずっと悔やんだりもします。
 仲間の心を知り、共に歩むありがたさに気づきます。
 しかし、惰性で仲間のやることに流されたり、飲み食いの慣れによって善悪の判断があいまいになったりするかも知れません。
 お金にだらしなくなっては危険です。
 もちろん、ふざけて万引きなどをしたり、させたりしてはなりません。
 大人なら逮捕され、一生を台無しにするかも知れないほど恐ろしい犯罪であると自覚しましょう。 
 今年はまず、自分の心にどういう傾向があるのかを省み、どういう人の群に属するのかを、よく知ることです。
 他の人も同じようによく観察し、人はさまざま、それなりであるという多様性を認識しましょう。
 特に、食べものや言葉遣いなどに〈その人〉が表れることに気づくはずです。
 身近な人の死、あるいは死を意識させるできごとで気持が塞いだなら、不動明王(フドウミョウオウ)様の梵字やお姿をイメージして祈れば、祈りの響きの中へそうしたモヤモヤは解消してしまいましょう。
 真言は「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」です。
 また、お腹が空いて困ったり、餓死する人をテレビなどで観て心を傷めたりしたなら、自分の身体が様々な食べものという〈いのち〉によって支えられていることを想像し、手や足があることに感謝すれば、そうしたモヤモヤは解消してしまいましょう。
 口や歯や胸などの問題には、特に早めに対処しましょう。

 こんなことに気をつけながら過ごし、いじめたい心が起こった時も、いじめに遭って辛い時も、この一年を守ってくださる守本尊不動明王様の真言を唱えて、そうした悪い流れにうち克ちましょう。

【数え年13才の貴方】

この先、どうするか、自分で決断せねばならない場面にぶつかります。
 難しい決断でしょうが、逃げられません。
 たやすく誰かへ救いを求めず、自分でことの善し悪しや虚実などを見極めて道を決めれば、あとはやるだけです。
 お小遣いを貯める大切さや、自分で貯めたお小遣いの価値を思い知ることでしょう。
 ただ「ちょうだい」だけでは通らない〈社会〉の厳しさも知ります。
 求めても得られない時、同じ境遇で困っている人のいることを想像できるようになります。
 また、そうして争いや奪い合いが生じ、至るところに悲しい現実があることも知りましょう。

 今年はまず、いかなる時も何が正しく、何がまちがっているのかを自分で判断し、嘘と誠もまた、自分で判断せねばならないことをよく認識しましょう。
 そして、生まれてくるいのちがある一方、うまく生まれれられなかったいのちもあり、あるいは、生まれてもすぐに亡くなるいのちもあることを知りましょう。
 ペットの死や水子さんの死に心が傷んだなら、虚空蔵菩薩(コクゾウボサツ)様の梵字やお姿をイメージして祈れば、祈りの響きの中へそうしたモヤモヤは解消してしまいましょう。
 今、いのちに輝いているものだけでなく、輝けなかったものもあり、それが自分であったとしても不思議ではありません。
 そうした思いに立ち止まってしまったなら、とにかくアリなどの小さないのちでも殺さないこと、自分が受けることを望まない暴力は決してふるわないこと、そして、自分に与えられていないものは決して手にしないことを決心すれば、そうしたモヤモヤは解消してしまいましょう。
 真言は「のうぼうあきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」です。
 疲労を溜めないよう、手足・背中・腰など骨格に関するケガに注意しましょう。

 こんなことに気をつけながら過ごし、いじめたい心が起こった時も、いじめに遭って辛い時も、この一年を守ってくださる守本尊虚空蔵菩薩様の真言を唱えて、そうした悪い流れにうち克ちましょう。



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ