コラム

 公開日: 2012-08-02  最終更新日: 2014-06-04

8月の聖語 ─心の光明に気づきましょう─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




今月の「お大師様の言葉」です。

「自心に迷うがゆえに、六道(ロクドウ)の波、鼓動し、心源を悟るがゆえに、一大の水、澄静(チョウジョウ)なり」

(自分の心が迷うために地獄界や修羅界など苦の世界をへ巡り、心の大元を悟れば、澄みわたった湖の水のような穏やかで清らかな世界を生きられる)

 私たちはとかくイライラし、すぐにカッとなり、ふとしたことで不安になり、あるいは簡単に投げ出し、心がなかなか落ち着きません。
 それは、自分の本性が何者であるかを知らないからです。
 何かを見聞きすれば、まず好き嫌いで判断し、次は損得に一喜一憂し、心の重心が定まりません。
 しかし、他人の善行に心打たれ、自分も学び実践し、善行による達成感や満足感を重ねているうちに、心の奥底におられるみ仏がはたらき出して動じない部分が徐々に確立されます。
 それが定まり、やがて深く大きな湖のように、たやすく波立たない心になれば、もう安心です。

 さて、ここで説かれている「心源」には深い意味が含まれています。
 密教の特徴である「この身このままで、み仏である私たちの本体に成りきれる」という即身成仏(ソクシンジョウブツ)は、本体すなわち「心源」がみ仏そのものであるという体験と確信に基づいた教えです。
 心と生命に関してダライ・ラマ法王と世界的科学者たちが長時間かけて議論した内容が詳述されている「『脳』を変える『心』(訳:茂木健一郎)」には、脳の機能に依存しない〈自立的な意識状態〉について書かれています。

「もっともはっきりしているのは法身(ホッシン…死の光明)と呼ばれるものです。
 普通の人の場合、死に際して初めて表面化する意識の相で、死に至る過程の最後に現れます。
 このレベルのものは、すでに人体に属さないといわれています。
 身体の一部である脳に付随しない自立的なものです。
 仏教が、すべての心理過程は脳の働きによると考える現代の神経科学と意見と異にするのはこの点です。」

 お大師様は、この心源すなわち光明に気づけば、心はもう、澄み切った湖のように清浄で乱れないと説かれたのです。

 私たちはまぎれもなく、み仏の子です。
 肉体という生ずれば滅ぶはなかい肉体には、尊い光明が宿っており、光明こそが私たちの本体です。
 肉体が滅ぶことを怖れず大津波と戦い、大地震と戦い、原発事故と戦って逝った方々も、今なお我が身を忘れて戦っている方々も、知らぬ間に光明に導かれた〈生ける菩薩(ボサツ)様〉です。
 今も大津波で犠牲になった方々の納骨、一周忌供養、お盆供養の申し込みがさみだれのように続いています。
 おりおりに合掌する時、通じていると実感できるのは、私たちの光明が逝かれた方の光明と共鳴し合っているからです。
 心の源に気づき、光明に気づき、菩薩として生きたいものです。




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ