コラム

 公開日: 2012-08-03  最終更新日: 2014-06-04

【現代の偉人伝】第153話 ─剣聖上泉信綱となった北島康介選手─ 

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 男子平泳ぎの北島康介選手は100メートルで5位、続く200メートルで4位となり、前人未踏の五輪三連覇は逸した。
 五輪に入って最初から精彩を欠く北島は、もがくような泳ぎぶりで100メートルを惨敗した後、珍しく「優勝した選手の泳ぎは自分には無理」と語った。
 しかし、200メートルの決勝までに調整を行い、まるで滑るように感じる流麗で伸びのある泳ぎぶりを取り戻した。

 決勝戦において、北島は最初から世界新記録を狙って驀進し、最後の最後に力尽き、若い立石諒の銅メダルに続く4位に終わった。
 潔い戦いぶりは、あくまでも優勝を目指すアスリートの執念と、年配者としての意地と手本を余すところなく見せて忘れられないものとなった。

1 あくまでも優勝を目指した

 100メートルの世界新記録による決着を受け、北島は、勝つために戦う者の宿命として、これまでの自分に可能な泳ぎ以上のものを自分へ課した。
 それは最初から世界新記録を狙う泳ぎに徹することである。
 勝ち負けのかけひきといったものを捨てたのだろう。
 これまでの試合で若い立石諒の追い上げに最後は屈しているなどということは眼中になかったのだろう。
 とにかく文字どおり全力を出し切って世界新記録を出す。
 それにチャレンジした。

2 年配者としての意地と手本を示した

 加齢による体力の低下は誰にも止められず、技術と体力と精神力で勝負する世界では必ず年令という要素による世代交代が起こる。
 この五輪で29才になる北島の戦いは、老いた武者が若い武者たちと戦う場でもあった。
 勝つためには、彼ら以上に自分の持てる力を出し切ってゴールまでもつかどうか、それしか方法はない。

 剣聖と称された上泉信綱(カミイズミノブツナ)又の名は上泉伊勢守(カミイズミイセノカミ)を思い出す。
 新陰流を興し、柳生宗厳(ヤギュウムネトシ)などの弟子たちを指導し、天覧試合も行った彼は、それでも隠棲はしなかった。
 最期は不明とされているが、75才にして合戦に臨み、ありったけの剣の抜き身を周囲に立てて刃こぼれしたなら取り替えつつ、体力の続く限り奮戦して斬り死にしたという記述に真実を感じる。
 上泉信綱は敵のすべてを討ち果たす前に体力がなくなり、斃れたのだろう。
 北島も、ゴールまであとわずかのところで体力勝負になり、敗れた。

 斬られた上泉信綱はいまだに〈剣聖〉であり、剣を手にする私たちを導く。
 世界新記録を出して優勝したダニエル・ジュルタ(ハンガリー)、第二位のマイケル・ジェーミソン(英国)、第三位の立石諒、全員が奇しくも23才である。
 彼らを相手に29才で堂々の戦いぶりを示した北島の姿は、上泉信綱にダブってならない。
 北島も又、技術と精神力においては無敵であることを示し、上泉信綱と同じく敗者ではなく〈戦う者の鏡〉として永遠に仰がれる星となったにちがいない。
 立石諒を初め、後輩たちはその意地に学び、手本としてもらいたい。
 水泳ではない世界にいる私も意地に学び、手本としたい。
 愚かしい自分との戦い、人間における苦との戦い、社会的業(ゴウ)である共業(グウゴウ)との戦いに終わりはない。
 北島康介選手、ありがとう!



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ