コラム

 公開日: 2012-08-27  最終更新日: 2014-06-04

子や孫のためにふり返っておきたい(その16) ─祖国は我等の肩に─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





17 「そ」 祖国は我等の肩に
 一人怠ける者があれば
 それだけ国が弱くなっているのだ。
 『僕は日本の将来を背負ってるぞ!』
 朝起きたらこれを思え。

 子供の頃に大事なのは、社会人となるためのふるまい方を身につけると同時に、大きな夢を見ることです。
 夢を見るとは、現在の自分が置かれた諸条件を忘れてイメージを大きく広げる状態です。

 そうした中で、大人にとって大切な態度が二つあります。

1 虫の生態をじっと観察し続けるなどの、子供らしい集中した状態を妨害しない

 宿題をしないで学校へ行くなどの酷さでないかぎり、「そんなことをしているよりも、もっと勉強しなさい!」と叱らないようにしましょう。
 大人にとってつまらないこと、むだなこと、役に立たないことに夢中になり、意志を集中させられるのが子供の特権です。
 子供の頃にそうした体験をしておかないと、つまらない大人になってしまう危険性があります。
 ものごとの表面をうまくなぞるような態度で生きる人になってしまえば困ります。

2 自分のためだけでなく、周囲や社会のためになる体験をさせる

 自分だけのためでない汗を流し、必ずしも誰かから感謝されたり誉めらたりしなくても、自分なりの達成感を確認させる必要があります。
 そうした中に、今回の教えも含まれます。
 たとえば、道路のゴミ拾いでも、公園のトイレの掃除でも、自分が汗を流してきれいにしたことそのものの価値を感じ、それが、皆のためになっているという想像力を持たせましょう。
 その想像力を、町内のためになっている、町のためになっている、そして国のためになっているという具合に広げさせましょう。
 そうすると、たくさんの人々のためになっているのだと達成感が大きくなるだけでなく、自分以外にも同じように汗を流している人たちがいると想像することもできます。
「皆それぞれに、どこかで汗を流している、自分もその一員だ。
 こうして社会は成り立ち、国が成り立っている。
 もしも、自分が怠けたいと思うように、皆が怠けてしまったなら大変だ。
 怠けないようにしよう」
 ここまで行けば、まっとうな社会人に育ってくれるのではないでしょうか。
 決して、こうは指導されないよう。
「いったい誰のための勉強だと思っているの!
 結局、あとになって泣きを見るのは貴方なのよ!
 自分のためになるんだから、しっかりやりなさい!」
 こう指導したいものです。
「貴方が生きていられるのは、農家の方や、お巡りさんなど、皆のおかげですよ。
 だから、貴方も誰かの何かの役に立って恩返しするのが人間として当然のことです。
 そのために今の貴方が第一番にやらなければならないのが、定められた勉強です。
 今やっている人間の基礎作りをしっかり固めておかないと、将来、パン屋さんになりたい、お医者さんになりたい、など何かをしたいなと思っても、うまくできない人になってしまいます。
 しっかりした大人になるのが貴方のためであり、それは同時に、恩返しという形で大人としての責任を果たすことになるのです。
 今朝も、ごはんが食べられ、テレビを観られました。
 それは、皆がはたらいてくださっているからです。
 もし、貴方もお友達も怠けて、しっかりはたらかない人ばかりになったなら、貴方の今朝のご飯もテレビもなくなるのです。
 貴方が大人になってもこうした安心できる社会が続くよう、しっかりやりましょう。
 将来、どんな社会で貴方やお友達が生きるかは、貴方やお友達の方にかかっているのです。」
 子供を萎縮させぬよう、目を輝かせられるよう、上手に意識を高めてやりたいものです。
 社会を考える心の広い人間に成長すれば、いじめという薄汚い行為も少なくなるのではないでしょうか。



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ