コラム

 公開日: 2012-09-03  最終更新日: 2014-06-04

みやぎ四国八十八か所巡り道場のご本尊様が安置され始めました

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。











 仙台市泉区の里山で造りつつある「みやぎ四国八十八か所巡り道場」に、ようやく5カ寺分のご本尊様を安置できました。
 全八十九尊(高野山を含む)をお祀りする予定です。

 当山の四国八十八か所へかける思いは櫻井惠武著『四国名刹』への寄稿文に語り尽くされています。

「お遍路さんの誰にでも、み仏の異次元世界がありありと存在することを感得させ、迷いや苦界から救いの菩提心へ還る道を開く四国八十八の霊場は人類の宝ものです。
 その世界を目の当たりに観られる『四国名刹』が、戦乱止まない地球上の人々へ、争いの究極的解決法として〈曼荼羅の心〉を起こさせるよう、四国八十八霊場のご本尊様方とお大師様のご加護を心より願ってやみません。合掌」

88Shikoku's Hallow Temples bring each pilgrim to realize that there certainly exists the world of Buddha in a different dimension,and they also open each one the way which leads to the saving family mind out of the bitter world of disillusion and pain.They are a real treasure of human beings.

One can see this world in "Shikokumeisatu'famous tenmples"with your own eyes.I cannot stop praying for the aid of Odaishi-sama(our leader)that this reminds the people on the earth with continuous wars of "mandara mind"as the ultimate solution of conflict.

Hands in pray

 また、同書内の「別世界」にも書きました。

「思えば、『この道』は受験勉強の失敗から始まっていた。
 迷い、生きる道を求めて数々の宗教の扉を叩いた。
 禅堂で坐り、西田哲学に手がかりを探しもした。
家庭の事情から家業を継ぎ、世間的には成功していたように見えた時期も『自分はここにいて良いのだろうか?』といった不安は消えず、世間の荒波は、そうした足元の定まらない物を容赦するはずもなく事業の失敗で全てを失った。

 無一文となって出家し、一軒づつ訪ねる托鉢を始めた。
 ただし、自分で真言宗を選んだという感覚はまるでなく、教えと法力をもって苦吟を溶かし、道を示す弘法大師の法灯に『導かれた』としか言いようがない。
 体験によって『三密加持すれば速疾に顕わる』ことを実感した以上、もう、生きる道を探す必要は消えたのである。
 プラトンの『肉体は精神の牢獄である』を怪しみ、『若きウェルテルの悩み』を『若き飢えてるの悩み』ともじったフレーズにこそ真実があると考えていた者にとって、身・口・意を一つとしていのちの全体を捉え、動かす弘法大師の密教は、肉体と精神が抱える諸問題の究極的解決法だった。

 以後、同行二人の道にあって、托鉢や人生相談や祈祷や供養を行い、ご縁の方々と悩みや苦しみや喜びや安心を共有する毎日は、すべて修行と救済の連続である。
 憧れの四国八十八霊場では、動けなくなった方を再び歩ませる加持力の確かさや、心に貼りついたものを切り放つ因縁解脱のお慈悲に涙する得がたい体験をした。
 霊場は行者にとって永遠の別世界である。」

 ご寄進を募っています(何人かの共同でも結構です)ので、関心がおありの方はどうぞご連絡ください。
 資料をお送りします。



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ