コラム

 公開日: 2012-09-19  最終更新日: 2014-06-04

2012年10月の運勢 ─流れの生かし方と人生修行─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






〈静かに秋が深まる『みやぎ四国八十八か所巡り道場』〉

 2012年10月─平成24年9月(長月…10月8日から11月6日まで)─の運勢です。
 運気の流れによる注意点を参考にし、人間修行の六波羅蜜(ロッパラミツ)行で改運し、開運し、快運となりますよう。

一 価値ありと信じているものが〈わからず屋〉たちに貶められた時の対応によって吉凶さまざまな結果がもたらされます

 歴史は常に権力者の立場から綴らますが、それでも情報が開かれた社会では、庶民がある程度、事実認識を共有できます。
 だから、歴史の見方があまり偏らないで済みます。
 日本では時の政権への批判的視点を持つことも自由です。
 ところが現在の中国のように特殊なイデオロギーが支配する社会では、過去に起こり現在起こりつつある事実が極端に絞り込んだ形でしか庶民へ知らされないので、庶民の歴史認識は、時の政権にとって都合の良いものに色づけされます。
 南京大虐殺の客観的証拠がまじめに調べられず、国家の指導者が故松下幸之助へ懇願して中国の近代化が始まったことは伏せられ、中国の庶民たちは、外敵の存在を際立たせることで失政を繕おうとする権力者の意のままに繰られようとしていますが、果たしてどうなるか。
 
 今月は、日中間の問題だけでなく身近なところでも、偏った視点しか持てない者による言葉や破壊工作を用いた蛮行が生じやすくなります。
 客観的に観て明らかに相手が〈わからず屋〉であっても、攻撃される側は自衛策をこうじなければなりません。
 あらゆる意味での実力を養っておくことは当然ですが、大切なのは相手の土俵に乗らないことです。
 相手は地獄界や修羅界にいて矢を放ってきます。
 こちらはあくまでも人間界や天人界にいながら矢を払い、心の余裕をなくさないようにしましょう。
 余裕は信念と自信によってもたらされます。
 だからといって、決して相手を見下げたり、見捨てたりするのではありません。
 相手をも人間界か天人界へ引き上げねば、愚かしい戦いは最終決着をみられないことを肝に銘じておきたいものです

二 あくまでも謙虚に、弱者の立場へ自分の身を置き換えて考え、判断してみましょう

 私たちは東日本大震災で何を学んだのでしょう?
 べらぼうな金儲けをしたり、知らない人のいない有名人になったりすれば人生が豊かになるのではないと、気づかされたのではなかったでしょうか。
 困った人を見捨ててはおけないという一心で見知らぬ人の救済と復活のために汗を流す無数の方々の存在は、私たちの社会がいかにまっとうな方向へ進んでいるか、今さらながらに希望を与えてくれます。
 ロンドンオリンピックで金メダルを獲得したボクシングの村田諒太選手は、周囲の莫大な〈商品価値〉騒動を無視し、すっぱりと引退しました。
 彼は明らかに〈職人〉であり、海外留学し、指導者としてさらに自分を高めて後進の若者たちを指導するという〈師匠〉の仕事を選んだことは、とても納得できました。
 一億円を用意して待っているというジムからの話にも、「金メダルの価値が一億円以下とは思わない。もし受けたら汚すことになる。百億円なら考える」と回答しており、日本を代表する逸材と思えます。
(引き際に潔さがなく簡単に〈座〉を穢して平気な各界トップの方々と比べても……)

 また、平等に観れば、人は皆、弱者の部分を持っています。
 健康であってもお金がない、お金があっても健康がない、権力はあっても老いが迫っている。あるいは知識はあるが決断力がない、地位はあるが衆望がない、良い人だが騙されて酷い眼に遭う、美人だが険があるなどなど。
 認めたい面も認めたくない面もそのままに直視できれば、高慢になるのがいかに勘違いで愚かしいことであるかがわかります。
 み仏は、直視する智慧を平等性智(ビョウドウショウチ)と説かれました。
 わかりやすく言えば、露天風呂に入っている時は皆、平等に生まれたままの姿であって、地位や名誉や財産や知識などのあるなしと関係なく一緒に楽しむといった心の眼で、人間も世界も観る智慧です。
 どうでしょう。
 手前勝手でバカバカしい慢心はどこかへ行ってしまいませんか。

 今月もしっかりやりましょう。
 皆さんの開運を祈っています!

[布施(フセ)行と運勢]水を供えましょう。
 精進の人は謙虚で人望を高め、何をやっても無事安全です。
 不精進の人はつまらぬことを誇り、予想もしない怨みをかって自滅しがちです。
[持戒(ジカイ)行と運勢]塗香(ヅコウ)で身と心を清めましょう。
 精進の人は先人の智慧に学び成功へ近づきます。
 不精進の人は勝手に誰かの後を嗣ごうとし思わぬ反発を招きがちです。
[忍辱(ニンニク)行と運勢]お花を供えましょう。
 精進の人は労苦を厭わず、他人の苦も引き受ける姿が評価されます。
 不精進の人は目先をうまくこなしても、自己中心が露呈しがちです。
[精進行と運勢]お線香を供えましょう。
 精進の人は手柄を他人へ与えて縁の下の力持となる姿勢が高く評価されます。
 不精進の人は自分が前へ出るか利を得るかしか考えず失敗しがちです。
[禅定行と運勢]飯食(オンジキ)を供えましょう。
 精進の人は他人の意見を聞き、困っている人のために汗を流して認められます。
 不精進の人は独断独行で我利我利亡者に見られがちです。
[智慧行と運勢]灯火を供えましょう。
 精進の人は才気を隠し、苦労して得た結果を目上などに譲り信望を集めます。
 不精進の人は先に待つ険難に気づかず先頭に立って盲進し、失敗しがちです。



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ