コラム

 公開日: 2012-10-09  最終更新日: 2014-06-04

先人の導き(その28) ─約束を守り、約束を守れなかった人を思いやろう

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈とある喫茶店4〉

 ここでは、昭和6年に発行された小冊子を基にして子供たちの導き方を考えています。

26 「や」 約束を守ろう

 約束を破るのは不信用だ。
 不信用は人間の大恥だ。
 信用のない人間に出世はない。

1 約束と信用

 ここでは、約束を守ることが信用の基であり、信用のない人は社会的に大きな役割が果たせないと説いています。
 確かにそのとおりです。
 篤い信用や信頼を得ている人は必ず、「あの人がああ言う以上は大丈夫」と思われ、やがては「あの人がああ言うのだから、もう、お任せしよう」と、なります。
 まず、結果が〈当然、出る〉と期待され、やがては、結果そのものを問うよりも、その人物の力を借りた以上はもう、あとは成り行きに任せて〈心残りはない〉とまで思われるようになります。

2 絶大な信用を得ているAさんのこと

 知人Aさんは多くの人々から信用され、信頼されています。
 保証人になって会社を倒産させましたが、周囲は誰もAさんを責めず、無一文のAさんはまた「やってくれ」と請われ、仕事を続けています。
 嫌と言わないAさんに周囲の人々はいろいろ頼みますが、誰一人〈利用してやろう〉とは思っていません。
 引き受けてもらえることがありがたく、一旦「うん」と言ってもらえたなら、あとはなるようにしかならないという不思議な安心感が生まれます。
 Aさんが首を縦に振れば、必ず約束は果たされると信じているからです。
 ただし、「果たされる」とは、頼んだとおりになるという意味ではありません。
 Aさんが、〈我がこと〉と思い全力を尽くしてくださることです。
 Aさんは頼まれてお金のやりとりの間に入ることもありますが、決して自分の利益を求めず、結果が吉と出れば両者に感謝され、凶と出ても、損した方はAさんを責めず、損をさせた方はAさんに申しわけないという気持でさらに頑張ります。
 津波で会社も家も失くしたBさんは心に変調を来し、旧知のAさんに持ちビルの管理などを任せ、Aさん以外の人とはほとんど人と会わなくなりました。
 Bさんの友人・知人たちは、その消息をAさんに訊ねます。
 Aさんはいつもの笑顔で応えます。
「今はちょっと大変だけど、大丈夫。そのうちにきっと良くなるよ」
 誰一人として、Bさんの件でいっそうてんてこ舞いになってしまったAさんに変な下心があるとは思っていません。
 Aさんは、皆にとって太陽のような〈親〉なのです。

3 お金と善悪

 さて、Aさんはお金で失敗しました。
 保証人になり、財物を失ってなお、保証した金額を払えませんでした。
 それでも債権者はそれ以上、Aさんを責めず、Aさんはその後も、頼まれると他人の金策を自分のために走ります。
 もちろん、うまくゆかない場合も多々あるようですが、Aさんがからまるトラブルにはなりません。
 誰もAさんのせいにしないからです。

 Aさんと同じく会社をつぶした私は、人として裏切るつもりはなくてもお金は裏切る場合があることを骨の髄まで知り、出家しました。
 ある日、仙台二高で同期だった仲間が十数人集まって励ます会を催し、同期会の会長だった私が会長職にとどまるよう決議してくれました。
 その中には、私に損をさせられた人々もいました。
 何としても皆さんの心に応えねばならないと思いました。
 それには、人として裏切らず、やってゆくしかありません。

 お金で失敗した私は、同じような道をたどる人を決して、とがめ立てできません。
 責める資格がないのはもちろんですが、お金は非情であり、否応なく、人を〈約束を守れない人〉にしてしまう場合があるからです。
 悪質な取り立て屋は、法律が厳しくなってからも、相変わらず追い込みと称する方法で債権者を責めます。
 電話で「嘘つき!」と怒鳴り、アパートへ「約束を守れ」と張り紙します。
 約束を守らない〈悪人〉へ当然の約束を守らせようと権利のある〈善人〉が迫ります。
 この時、〈善人〉が非情なお金の奴隷になっているなら、はたして〈善人〉と言えるでしょうか。
 そして、いいかげんな人は別として、最善を尽くしてなお約束を守れなかった人へ〈悪しき人〉とレッテルを貼ろうとする人は、果たして〈善き人〉と言えるでしょうか。

4 結論

 子供たちへ、約束を守る大切さについて教えましょう。
 私たちは、警官が約束ごととしてきちんと見回っていてくれるから、安心して夜を過ごせます。
 水道局の人たちが約束ごととしてきちんとチェックしていてくれるから、安心して水道の水を飲めます。
 こうして、きちんとはたらくのが約束を守っている姿であると教えましょう。
 太宰治の『走れメロス』も貴重な教材です。
 約束を守りたくない怠惰な気持を直視させ、守らない恥ずかしさを感じさせましょう。
 理解が進んだなら、どうしても守れない場合がることも教えましょう。
 そして、自分の弱さを知って克服しようとし、他を責めない謙虚で思いやりのある態度まで行けたら成功と言えるのではないでしょうか。




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ