コラム

 公開日: 2012-10-11  最終更新日: 2014-06-04

子や孫のためにふり返っておきたい先人の導き(その29) ─ひたむきに進もう─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈とある喫茶店5〉

 ここでは、昭和6年に発行された小冊子を基にして子供たちの導き方を考えています。

26 「ま」 真っ直ぐに元気に勇敢に

 わき目もふらず突進しよう!
 止まっているのは退いているのだ。
 どんな仕事にも道草を食うな。
 一直線の突進が少年の本分だ。
 
 日本人二人目となるノーベル生理学・医学賞が決まった山中伸弥京都大学教授(50才)は、10月9日の記者会見において、部外者には想像できない世界をかいま見せてくれました。
 野球のバッターは3割打てば大打者だが、研究者は1割バッターでも大成功と言えるのだそうです。

「9回失敗しないと1回の成功はやってこない。
 日常のストレスが大きく、何十回トライしても失敗ばかりで、泣きたくなる二十数年だった」
 
 そして、この期間、耐えることができたのは、家族や、200人もいる研究員たちの支えと、研究の成功によって治療薬などが開発されて救われたいと願いつつ自分の細胞を提供する患者さんたちの存在だったそうです。

「どんどん進行する病気の時間との戦いを感じているが、私たちにとっての1日が、患者さんには大きいことを心してやっている」

 こうした言葉をかみしめると、偉業は、素人が考える〈超天才の鋭利なひらめきによって異次元の世界が突然、開く〉といったイメージとは異なり、〈必要とする人のために見つけねばならない一輪の花を求め、思い定めた一本の道を何十年も歩き続ける〉という気の遠くなるような営みによって達成されたことがわかります。
 妻の知佳さん(50才)は受賞決定の電話を受けた時の様子を披露しました。

「主人は洗濯機の修理をしていて、私が冬の布団にカバーを掛け、娘がソファでうとうとしている時に電話がかかってきた。
 英語で話をしていたし『サンキューサンキュー』と言っていたのでこれは大変なことになったのではないかと娘と顔を見合わせて言葉も出なかった。
 しばらくたってから『良かったね』と声をかけた」

 ノーベル賞受賞者といえども、仕事をし、家庭のことごとにも汗を流す私たちと同じ〈人間〉であることが実感されるエピソードです。

 教授はそもそも医師をめざしていましたが、研修医時代に友人の手術を行った時、普通は10分で終わるはずなのに1時間もかかってしまうほど器用でなく、研究者へと方向を変え、そこからイバラの道を20年以上、まっすぐに進みました。
 人生をかける目標設定においてどれだけの葛藤があったか、第三者にはとても想像しきれるものではありません。
 きっと、挫折の時点で自分を客観的に眺め、自分が必要とされている分野を見極め、あとはひたすら一本の道を歩まれたのでしょう。

 今回の教えでも、このあたりをきちんとふまえて導きたいものです。
 サッカーであれ、模型作りであれ、何であれ、一心にやってみる。
 一心不乱という日々の過ごし方を身につけることが大切です。
 あとは、大人になって自分なりの道を見定めれば、大丈夫。
 ひたむきの「ひた」は「一」であり、「むき」は「向き」です。
 ひたむきにものごとへ当たれる人になりましょう。





 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ