コラム

 公開日: 2012-10-24  最終更新日: 2014-06-04

三十七の菩薩(ボサツ)の実践(第二十八回) ─アラカンさんから如来をめざす般若心経─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






 菩薩(ボサツ)になるための実践道。第二十八回目です。
 10月24日の勉強会『生活と仏法』において、皆さんと対話を行うテーマの一つです。

「自利のみを得ようとする声聞(ショウモン)、独覚(ドッカク)も
 頭に移った火を消そうとするように努力するのを見るならば
 すべての衆生のためになる功徳の源泉となる精進に励む
 それが菩薩の実践である」

(自分の愚かさに気づき、煩悩を克服しようとして一生懸命教えを聞いて悟った行者が声聞です。
 それに対して、自分で瞑想などの修行をして悟った行者が独覚(縁覚ともいう)です。
 こうしたアラカンさん方は、世俗から離れて自分の悟りをめざしたのですが、それでも、目の前にいる人の髪の毛に火がついたなら飛びついて火を消してやろうとするはずです。
 そして救われ、喜ぶ人の姿を見れば、誰かのためになることこそ最も人間として尊いことに気づき、誰かの身に起こることを自分の身に起こったことのように思う菩薩の段階へと進みます)

 ここで考えたいのは、自分一人の救いを求めるアラカンさんの位置です。
 最悪の地獄から最高の如来まである救いと悟りのレベルからすれば、アラカンさんは神よりも上位の存在です。
 帝釈天(タイシャクテン)であれ、弁財天(ベンザイテン)であれ、神々は輪廻転生(リンネテンショウ)の中にあるので、天界での寿命が尽きれば再び、地獄や修羅の世界へと堕ちざるを得ません。
 ところが空(クウ)を悟っで解脱(ゲダツ…真理を理解し迷いを脱すること)したアラカンさんはもはや転生せず、利他に目覚めさえすれば、さらに上位の菩薩の世界へ入れるのです。
 もしもアラカンのレベルで足踏みしているならば、自分一人が救われただけでしかありません。
 今回の教えはまさにその核心をついています。

 いかに世俗的なできごとの一喜一憂から離れ、死を恐れず、空(クウ)の目をもって世界を眺めようと、人が苦しんでいれば見捨ててはおけません。
 他の苦しみを我が苦しみと観じ、空(クウ)の智慧を武器としてその事態へ立ち向かうのが菩薩です。
 死を恐れぬ勇猛心で苦からの解放をめざすのが菩薩です。
 まさに、他人の〈頭についた火を消す〉のです。
 もしも智慧があるだけでこうした慈悲心が起こらなければ、それは社会へ害は及ぼさない人でしかありません。
 だから、お大師様は「声聞、縁覚にとどまってはならない」と厳しく諭されました。

 般若心経は説きます。
「是(コレ)は大神呪(ダイジンシュ)である」
 神のごとき無常のパワーがある真言だから、声聞の方々も唱えるのです。
「是は大明呪(ダイミョウシュ)である」
 智慧が明らかに目覚める真言だから、縁覚の方々も唱えるのです。
「是は無上呪(ムジョウシュ)である」
 この上ない真言だから、菩薩の方々も唱えるのです。
「是は無等等呪(ムトウドウシュ)である」
 比べるものがないほどすばらしい真言だから、如来の世界へ通じてもいます。
 そして、
「能(ヨ)く一切の苦を除く、真実であり虚でないがゆえに」
と念をおした上で
「ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼうじ そわか」と真言を示しています。
 
 私たちは、普段、我が身へ降りかかる火の粉を払いのけるので精いっぱいになりがちですが、早く防御を固め、周囲の人々へ降りかかる火の粉も何とか出来る人になりたいものです。
 きっと、自分が助かってホッとするのとは比較にならないほどの喜びと充実感が待っているはずです。
 般若心経を唱え、書き、誰かのためになり、一段と精進してレベルアップしましょう。




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ